MBG.dbへの異常アクセス

  • 18
  • 問題
  • 更新回数: 6日前
  • 確認済み

windows7 home premium

IE11


C:ProgramData¥Trend Micro¥AMSP¥10009¥MBG.db に対して

Systemが常時秒間1MB~1.5MBのディスクアクセスを継続しており

PCのパフォーマンスが目に見えて低下しています。

ウイルスバスタークラウドを一時的に終了させるとアクセスは止んだので

ウイルスバスターが原因と思われます

qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

投稿時間: 5か月前

  • 18
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
こんばんは。
トレンドマイクロお客さまコミュニティへの投稿ありがとうございます。

「MBG.db」ファイルへの異常アクセスが発生している状況なのですね。

お使いのパソコンのセキュリティ状況を確認するため、お手数ですが、下記手順にてアップデートとコンピュータ全体のスキャンを実施いただき、結果をお返事いただけますでしょうか。

1.手動アップデート

手動アップデートの方法について

2.コンピュータ全体のスキャン

(1) ウイルスバスターのメイン画面を起動します。 
(2) メイン画面中央の [スキャン] ボタン右側にある [▼] より [コンピュータ全体のスキャン] を選択します。
検出結果の画面を採取し、ご提供ください。

画面の採取方法

 画像のアップロード方法

——————————————————

脅威などが検出されない場合、引き続きサポートいたしますので、その旨をお知らせください。

万が一、検出があった場合、より詳しい調査や情報の収集が必要となりますので、メールでのサポートに切り替えたく存じます。予めご了承ください。

お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
(編集済み)
qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

スキャン結果です

トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
スキャン結果の画面をご提供いただき、ありがとうございます。

Cookieのみが検出されたとのこと、承知しました。

いただいたスキャン結果から、お使いのパソコンはセキュリティ上問題ないと思われます。

ご指摘の現象について、さらに詳細を確認した上で、適切なご案内をいたしたく存じますので、度々お手数をおかけいたしますが、下記をご確認の上、お返事いただけませんでしょうか。

----------------------------------------------------------- 
■確認事項
----------------------------------------------------------- 

Q1.パソコンのパフォーマンスが低下しているとのことですが、詳細をお教えください。

[ ] (例:
1.サイトの読み込みが遅い
2.特定プログラムの起動が遅い
3.すべてのプログラムの操作が遅い
4.パソコン動作全部遅いなど)

Q2.現象発生時のCPU使用率をお教えください。
[ ]

※CPU使用率の確認方法
タスクバーを右クリックし、「タスクマネージャーの起動」をクリックします。

----------------------------------------------------------- 

下記2点の画面を採取し、上記確認事項と合わせまして、ご返信いただきますようお願いします。

・「MBG.db」ファイルに対してシステムがアクセスしている画面
・CPU使用率の高い項目が確認できる画面

お手数ですが、情報採取にご協力ください。
以上、よろしくお願いします。
qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

Q1.

パソコンの動作は全部遅くなっています。

確認できた例では、InternetExplorerはページの読み込みやタブの切り替えが

遅くなり、一時的に、応答なしになることもあります。

また、キーボードからの文字入力は10秒以上遅れるか無視されます。

この文章を入力中も1度応答なしになりました。

MSペイントも、起動に20秒以上かかり、、一時応答なしになりました。


Q2.

ほかのプログラムを操作していないときは、

全体で10%ほどです


トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
現象の詳細をお知らせいただき、ありがとうございます。

お客さまへのお返事が遅れてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

パソコンの動作は全部遅くなっている旨、承知しました。

ウイルスバスターを一時停止すると改善したとのことですので、ウイルスバスターのどの機能がパソコンの動作に干渉しているか確認いたしたく存じます。

そのため、重ねてお手数をおかけしますが、下記手順にてウイルスバスターの機能を一つずつ無効にしていただき、問題が解消するかご確認いただけますでしょうか。

お忙しいところ、ご負担をおかけするご案内となり誠に申し訳ございませんが、ご協力くださいますようお願いします。

-----------------------------------------------------------
■ 操作前にご確認ください。
-----------------------------------------------------------

・プログラムやブラウザ (InternetExplorer等) にて現象が発生している場合は、ウイルスバスターの設定変更毎に、該当のプログラムやブラウザを再起動して、現象が回避できるかご確認ください。

・元々 [無効] 設定となっている項目 (チェックが入っていない) については、その旨お知らせいただき、次の手順へお進みください。

・現象に関連している機能を特定後、ウイルスバスターの設定を元に戻してください。

-----------------------------------------------------------
【1】 「ウイルス/スパイウェア対策」 の無効化
-----------------------------------------------------------

(1) ウイルスバスターのメイン画面を起動します。

(2) メイン画面の歯車アイコン (設定) をクリックして「コンピュータの保護設定」を表示します。

(3) 「ウイルス対策とシステムチューナー設定」の「スキャン設定」の以下項目のチェックを外し [適用] をクリックして、現象が回避できるかご確認ください。

・「リアルタイムスキャンを有効にする」

(4) 現象が回避できた場合は、引き続き【2】へお進みください。
現象が回避できなかった場合は、【3】へお進みください。

-----------------------------------------------------------
■ 操作結果1
-----------------------------------------------------------

Q1.【1】の (3) で「リアルタイムスキャンを有効にする」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ ]

-----------------------------------------------------------
【2】 「ウイルス/スパイウェア対策」 内の機能の無効化
-----------------------------------------------------------

(1) 「リアルタイムスキャンを有効にする」 にチェックを入れます。

(2) 下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「機械学習型スキャンを有効にする」

(3) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「不正変更の監視を有効にする」

(4) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「攻撃者により悪用されているプログラムを閉じる」

(5) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「ランサムウェア対策を有効にする」

(6) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「暗号化/変更されたファイルを復元できるようにバックアップする」

(7) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「コンピュータの起動時に不審なファイルをスキャン」

(8) 「保護レベル」 が 「標準」 以外の場合は 「標準」 にして [適用] を選択し現象が回避できるかご確認ください。

(9) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「不要と思われるプログラムの自動削除を有効にする」

(10)上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「警告をポップアップで表示」

-----------------------------------------------------------
■ 操作結果2
-----------------------------------------------------------

Q1.【2】の (2) で「機械学習型スキャン」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q2.【2】の (3) で「不正変更の監視」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q3.【2】の (4) で「攻撃者により悪用されているプログラムを閉じる」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q4.【2】の (5) で「ランサムウェア対策」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q5.【2】の (6) で「暗号化/変更されたファイルを復元できるようにバックアップする」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q6.【2】の (7) で「コンピュータの起動時に不審なファイルをスキャン」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q7.【2】の (8) で「保護レベル」を変更すると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から標準 ]

Q8.【2】の (9) で「不要と思われるプログラムの自動削除」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q9.【2】の (10) で「警告をポップアップで表示」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

-----------------------------------------------------------
【3】 「不正サイト/迷惑メール対策」 の無効化
-----------------------------------------------------------

(1) 「コンピュータの保護設定」 の 「不正サイト/迷惑メール対策」 を選択します。

(2) 下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「Web脅威対策を有効にする」

現象回避の可否を問わず、次の手順へお進みください。

(3) 「Web脅威対策を有効にする」 にチェックを入れます。

(4) 下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「Trendツールバーを有効にする」

(5) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「認証された証明書と一致しない可能性のあるWebサイトをブロック」

(6)上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「ブラウザガードを有効にする」

(7) 上記設定を元に戻し、「ネットワーク対策」を選択し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「ファイアウォールチューナーを有効にする」

----------------------------------------------------------
■ 操作結果3
-----------------------------------------------------------

Q1.【3】の (2) で 「Web脅威対策」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ ]

Q2.【3】の (4) で「Trendツールバー」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q3.【3】の (5) で「認証された証明書と一致しない可能性のあるWebサイトをブロック」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q4.【3】の (6) で「ブラウザガード」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q5.【3】の (7) で「ファイアウォールチューナー」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

-----------------------------------------------------------
【4】 「その他の設定」 の無効化
-----------------------------------------------------------

(1) 「コンピュータの保護設定」 の 「その他の設定」 を選択します。

(2) 「その他の設定」 の 「起動時の設定」 が選択されていることを確認し [設定2 (推奨)] から [設定3] へ変更します。

(3) [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

(4) 続いて「起動時の設定」 を [設定1] に変更して回避するか確認します。

(5) 「起動時の設定」を [設定2 (推奨)] に戻します。

(6) 「その他の設定」 の 「ネットワーク設定」 を選択します。

(7) 下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「プロキシサーバを使用してインターネットに接続する」

(8) 上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「データ通信量を抑える」

(9) 「その他の設定」 の 「端末情報の送信」 を選択します。

(10)下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」

(11)上記設定を元に戻し、下記項目のチェックを外し [適用] を選択して、現象が回避できるかご確認ください。

・「コンピュータの端末環境情報をトレンドマイクロへ送信する」

-----------------------------------------------------------
■ 操作結果4
-----------------------------------------------------------

Q1.【4】の (2) で 「起動時の設定」を [設定3] に変更すると現象は改善しましたか。

[  はい / いいえ / 元から設定3 ]

Q2.【4】の (4) で 「起動時の設定」を [設定1] に変更すると現象は改善しましたか。

[  はい / いいえ  / 元から設定1 ]

Q3.【4】の (7) で「プロキシサーバを使用してインターネットに接続する」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q4.【4】の (8) で「データ通信量を抑える」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q5.【4】の (10) で「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

Q6.【4】の (11) で「コンピュータの端末環境情報をトレンドマイクロへ送信する」を無効すると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

----------------------------------------------------------
【5】 「データを守る」 の無効化
-----------------------------------------------------------

(1) メイン画面より「データを守る」 を選択します。

(2) 「フォルダシールド」 右側の「設定」をクリックし、「フォルダシールド」 機能を無効にすることで現象が回避できるかご確認ください。

(3) 上記設定を元に戻し、「データを守る」画面で、「データ消去ツール」右側の「設定」をクリックし、「データ消去ツール」機能を無効にすることで現象が回避できるかご確認ください。

(4) 上記設定を元に戻し、「データを守る」画面で、「リモートファイルロック」右側の「設定」をクリックし、「リモートファイルロック」機能を無効にすることで現象が回避できるかご確認ください。

-----------------------------------------------------------
■ 操作結果5
-----------------------------------------------------------

Q1.【5】の (2) で 「フォルダシールド」を無効にすると現象は改善しましたか。

[  はい / いいえ / 元から無効  ]

Q2.【5】の (3) で 「データ消去ツール」を無効にすると現象は改善しましたか

[  はい / いいえ  / 元から無効  ]

Q3.【5】の(4) で「リモートファイルロック」を無効にすると現象は改善しましたか。

[ はい / いいえ / 元から無効 ]

-----------------------------------------------------------

操作に不明な点などがありましたら、遠慮なくお尋ねください。
度々お手数ではございますが、よろしくお願いします。
qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

「リアルタイムスキャンを有効にする」
いいえ

「機械学習型スキャン」
いいえ

「不正変更の監視」
いいえ

「攻撃者により悪用されているプログラムを閉じる」
いいえ

「ランサムウェア対策」
いいえ

「暗号化/変更されたファイルを復元できるようにバックアップする」
いいえ

「コンピュータの起動時に不審なファイルをスキャン」
該当する項目がない

「保護レベル」
元から標準

「不要と思われるプログラムの自動削除」
いいえ

「警告をポップアップで表示」
いいえ

「Web脅威対策を有効にする」
いいえ

「Trendツールバーを有効にする」
元から無効

「認証された証明書と一致しない可能性のあるWebサイトをブロック」
元から無効

「ブラウザガードを有効にする」
いいえ

「ファイアウォールチューナーを有効にする」
該当する項目がない

[設定3]
いいえ

[設定1]
いいえ
windowsの再起動後、タスクトレイのウイルスバスターのアイコンが「スキャンしています」状態になり、
60分以上経過してもそのままだった。メイン画面は「システムは保護されています」のままだった

「プロキシサーバを使用してインターネットに接続する」
いいえ

「データ通信量を抑える」
該当する項目がない

「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」
いいえ

「コンピュータの端末環境情報をトレンドマイクロへ送信する」
元から無効

「フォルダシールド」
元から無効

「データ消去ツール」
元から無効

「リモートファイルロック」
元から無効

トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
お忙しいところ、操作にご協力いただき、ありがとうございます。

ウイルスバスターの各機能を無効にしても改善が見られないのですね。

度々恐れ入りますが、ウイルスバスターを停止すると改善したが、製品の機能を一つずつ無効にしても改善しないことから、他の常駐プログラムとウイルスバスターとの競合が原因で現象が発生している可能性があります。

何度もお手数をおかけしており、誠に申し訳ございませんが、下記手順をご参照のうえ、ウイルスバスター「以外」の常駐プログラムを停止していただき、現象が改善されるかご確認くださいますようお願いします。

Windows 7 - 常駐アプリケーションを停止してトラブルの原因を確認する方法

≪システム構成の起動≫ 

(1)  [スタート] → [プログラムとファイルの検索] 欄に「msconfig」と入力します。

(2) 「msconfig.exe」上で右クリックをし、[管理者として実行] を選択します。

(3)「システム構成」画面が起動します。

(4) 「システム構成」画面の [サービス] タブを開きます。 

(5) 画面下部にある [Microsoftのサービスをすべて隠す] のチェックをオンにします。 

(6) 以下の常駐プログラム『以外』のチェックを、全てオフにします。 

  ・Trend Micro Solution Platform 
  ・Platinum Host Service 
  ・パスワードマネージャー管理サービス 

  ※チェックをオフにする項目をメモにお控えください。 

  ※ご利用状況によって「パスワードマネージャー管理サービス」は存在しない場合がございます。 

(7) [適用] ボタンを押します。 

 ≪スタートアップ項目の変更≫ 

(1) [スタートアップ] タブを開き、 [タスク マネージャを開く] という青い文字を選択します。 

(2) 以下の常駐プログラム『以外』の、有効となっている項目を選択し、 右下の「無効にする」ボタンを押します。 

  ・Trend Micro Client Session Agent Monitor 
  ・Platinum user session agent 

  ※無効にした項目をメモにお控えください。 

(3) 設定を反映させるために、パソコンを再起動してください。 

------------------------------------------------------------

パソコン再起動後、現象に改善が見られるかご確認ください。

改善した場合、お控えいただいたメモをご確認いただき、[サービス] タブと [スタートアップ] タブにて停止していただいた常駐プログラムを一つずつ有効に戻していき原因となっているプログラムを特定します。 

ウイルスバスター『以外』の常駐プログラムを停止しても現象が回避できない場合は、元の設定に戻し、引き続き次の操作へお進みください。

※ご注意
・上記にて常駐プログラムの停止を実行した場合、プリンタやインターネット接続が利用できない場合があります。

------------------------------------------------------------
■操作結果1
------------------------------------------------------------

Q1.ウイルスバスタ以外の常駐プログラムを停止することで現象に改善はみられましたか。 

[ はい / いいえ ]

※はいの場合、原因となっているプログラム名を教えてください。

[ ]

Q2.いいえの場合、他社セキュリティソフトやフィルタリングソフトがインストールされていることはありませんか

[ はい / いいえ ]

------------------------------------------------------------

もしウイルスバスター『以外』の常駐プログラムを停止しても改善しない場合、原因の切り分けとして、度々お手数ではございますが、ウイルスバスターをアンインストールすると改善するかご確認のうえ、再インストールを実施いただけますようお願いします。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

ウイルスバスター クラウド の手動インストール方法

------------------------------------------------------------
■操作結果2
------------------------------------------------------------

Q1.ウイルスバスタをアンインストールすると改善しましたか。

[ はい / いいえ ]

Q2.ウイルスバスタを再インストールすると改善しましたか。

[ はい / いいえ ]

------------------------------------------------------------

万が一、再インストールしても状況が変わらない場合、引き続き解決までサポートいたしたく存じますので、その旨をお返事頂けると幸いです。

結果などについての投稿をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。
qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

常駐プログラムを停止
いいえ

他社セキュリティソフト
いいえ

アンインストール
はい

再インストール
はい

qqcu4ued の写真

qqcu4ued

  • 290 ポイント 250 badge 2x thumb

C:ProgramData¥Trend Micro¥AMSP¥10009¥MBG.dbへのアクセスは残っているものの

秒間3KB~5KBに低下

異常発生中は非操作時でも常にディスクアクセス時間が100%だったが

再インストール後は非操作時には10%以下に下がるようになった

トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
操作結果をお教えいただき、誠にありがとうございます。

再インストールにより現象が改善されたのですね。

この度の件では大変お手数をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

恐れ入りますが、現状のままでご利用いただき、しばらく様子をみていただきますようお願いします。

また何か問題がありましたら、すぐに確認しますので、その旨をご返信くださいますようお願いします。
よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
横から失礼します。

再インストールまでして一時は安定しましたが、自動で更新されてから再び同じ様な症状が発生しています。

私の場合、MBG.dbにアクセスするためウイルスバスターを一旦終了し、MBG.dbをリネーム(削除せず、別ファイル扱いにして退避)。
ウイルスバスターを再起動すると新たにMBG.dbが作成されました。
これによりこの異常アクセスが落ち着きました。
再インストールは不要なのではないでしょうか?
(編集済み)
トレンドマイクロ_M の写真

トレンドマイクロ_M, Employee

  • 6,916 ポイント 5k badge 2x thumb
i!!i!!!さん、こんにちは。

情報をシェアいただきありがとうございます。
恐れ入りますが、シェアいただいた方法で解決している場合、ウイルスバスターの再インストールは必要ございません。

お手数ですが、しばらく様子をみていただき、万が一不具合が再発する場合は引き続き確認いたしますので、ご連絡くださいますようお願いします。

よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
再発しました。

再び2.5~3MBで書き込みしております。
以前よりサイズアップしています。

これは正常な動きでしょうか?それともバグでしょうか?
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,052 ポイント 3k badge 2x thumb
i!!i!!! さん、こんばんは。
ご返信いただき、ありがとうございます。

現象が再発しました旨、承知しました。

ご申告の現象に関し、より詳しい調査や情報の収集が必要となりますので、担当部署より投稿にお使いのトレンドマイクロアカウント宛にご連絡いたしたく存じます。

お忙しいところご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
前回同様にMBG.dbをリセットすることで一旦は落ち着いています。
この作業後のリソースモニター上ではMBG.dbへのアクセスはなくなり、MBG.db-walとMBG.db-shmへの書き込みのみが行われています。
しばらくするとMBG.db-shmへの書き込みはなくなり、MBG.db-walへの書き込みが常に8,000~10,000バイト/秒程度で行われています。

トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,052 ポイント 3k badge 2x thumb
i!!i!!! さん、こんばんは。
現在の状況をご連絡いただき、ありがとうございます。

MBG.dbをリセット後、MBG.db-walへの書き込みのみが行われていること、承知しました。

担当部署より、ログの採取手順を投稿にご利用のメールアドレス宛に送りいたしました。

万が一現象が再発しましたら、担当部署で調査いたしたく存じますので、何度もお手数をおかけし、大変申し訳ございませんが、サポートセンターからのメールをご確認の上、関連情報を採取していただけますようお願いします。

お忙しいところ、恐れ入りますが、ご協力いただけますと幸いです。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
MBG.dbのRESET後のサイズは250~400KBですが、異常アクセスの症状が出た時にサイズの確認をすると毎回52,000KB程度のサイズですね。



トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,052 ポイント 3k badge 2x thumb
i!!i!!! さん、度々のお返事ありがとうございます。

現象が再発しましたとのこと、承知いたしました。

引き続き、サポートセンターよりメールにて対応いたしたく存じますので、よろしければ、再度ご案内メールをご確認いただけますと幸いに存じます。 

よろしくお願い致します。
bc127 の写真

bc127

  • 92 ポイント 75 badge 2x thumb
こんにちは。

私もここ最近、同じような状況になりまして、検索してここにたどり着きました。
Webどころかフォルダ一つ開くのに時間がかかるくらいでした。

こちらは、アンインストールからの再インストールを試してみて、
結果的には、明らかに状況が改善されました。
同じような状況がまた起こるかどうかは、まだわかりません。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
bc127さん、こんにちは。
トレンドマイクロお客さまコミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。

今回の件では、お手数をおかけし申し訳ございませんでした。 

現在は、再インストールいただくことで現象は回避されておりますので、そのまま様子を見ていただきますようお願いいたします。 

もし再発することがありましたら、引き続き対応いたしますので、その旨を教えていただけますと幸いです。

よろしくお願いします。
artemis100v の写真

artemis100v

  • 80 ポイント 75 badge 2x thumb
症状は上記同様です。
再インストールしましたが、
5日後再発している事に気がつきました。

Win8からアップグレードの
NEC Win10Pro64Bit Core i7です。

ちなみに全く同じPC
OSが違うだけの
Win7Pro64Bit Core i7に異常はありません。



トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 1,500 ポイント 1k badge 2x thumb
artemis100vさん、こんにちは。

この度の件について、誠に恐れ入りますが、今後お客さまのコンピュータ環境を採取し詳しく確認したり、ログを採取して調査しなければならない可能性がございますので、メールにて弊社よりご案内をお送りいたしたく存じます。

ご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご連絡まで今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

よろしくお願いします。
artemis100v の写真

artemis100v

  • 80 ポイント 75 badge 2x thumb
ご回答ありがとうございます。

その後、3度目?の再インストールしました。
2~3日前に、ウイルスバスターの更新によるPCの再起動を命じられたので、
これで解決か!と思ったのですが、
6日後の本日、また10009¥MBGが暴走しております。
(只今のウイルスバスターのバージョン12.1.1226)

リモート操作による調査のメール頂きました。
一日も早い解決を切に願います。
同意の旨、メールにて返信致します。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 1,500 ポイント 1k badge 2x thumb
詳細な状況をご連絡いただきましてありがとうございます

再インストールいただいても、本日現象が再発しました旨、承知いたしました。

この度はお忙しい中、大変ご不便をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。

調査の件については、サポートセンターよりご返信を差し上げておりますので、重ね重ねお手数をおかけしますが、サポートセンターからのメールをご確認くださいますようお願いいたします。

よろしくお願いします。
artemis100v の写真

artemis100v

  • 80 ポイント 75 badge 2x thumb
今日気がついたのですが症状ほぼ改善してます!
10009¥MBGの活動は格段に少なくなりました。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 1,500 ポイント 1k badge 2x thumb
現在の状況を共有いただき、誠にありがとうございます。

現象が改善しましたとのこと、承知しました。

パソコンが問題なく動作するようであれば、現状のままでご利用いただきますようお願いします。

また、恐れ入りますが、MBG.dbへの異常アクセスが発生している現象について、担当部署にて引き続き調査し、進捗がありましたら、当トピックにてお知らせいたします。

ウイルスバスターをご利用している時に、また何かありましたら、お気軽にコミュニティまでご投稿くださいね。

よろしくお願いします。
hiketo の写真

hiketo

  • 232 ポイント 100 badge 2x thumb
横から失礼します。
私も同様の現象が起きています。
Windows 10 1803 ハードディスクの読み書きが頻繁に行われる

ウイルスバスター側の問題な気がしますね。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 2,330 ポイント 2k badge 2x thumb
hiketoさん、こんにちは。

コメントいただいた現象について、今後より詳しい調査が必要になる可能性がありますので、メールでのサポートに切り替えたく存じます。

また、調査に際し、ログの採取などにご協力いただく場合もありますので、その際はご協力いただけますようお願いいたします。

大変お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
artemis100vさん、こんばんは。
トレンドマイクロお客さまコミュニティをご利用いただき、ありがとうございます。

hiketoさん、コメントありがとうございます。

誠に恐れ入りますが、MBG.dbへの異常アクセスが発生している現象について、現在同様のお問い合わせを複数いただいており、社内で確認を行っております。

ご案内可能な情報が確認でき次第、改めて当トピックでご案内いたしますので、ご不便をおかけしており、誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ちいただけますようお願いします。

よろしくお願いします。
トレンドマイクロ_M の写真

トレンドマイクロ_M, Employee

  • 6,956 ポイント 5k badge 2x thumb
正式な回答
この度の件では、大変お待たせし誠に申し訳ございません。

CPU使用率およびディスクアクセスの増加により、パソコンの処理速度が低下する問題について弊社にて調査が完了し、修正プログラムを公開いたしました。

現在も当現象が発生しているお客さまは、大変お手数ですが、下記ページをご参照の上、修正プログラムを適用し、改善がみられるかご確認ください。

CPU使用率およびディスクアクセス増加により、パソコンの処理速度が低下する問題について

万が一改善がみられなかった場合は、現在ご利用のウイルスバスターのバージョンとあわせて、その旨お返事くださいますようお願いします。

※ご参照
ウイルスバスター クラウドのバージョン確認方法

その他、ご不明な点がありましたらお返事ください。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。
bc127 の写真

bc127

  • 92 ポイント 75 badge 2x thumb
修正プログラムも適用し数日経ちましたが再発しました。
ver 15.0.1172です。

ただ、今まで通りMBGのファイルを消して再起動すれば
なんとかなっている状況ですので、このまま続けます。
トレンドマイクロ_M の写真

トレンドマイクロ_M, Employee

  • 6,956 ポイント 5k badge 2x thumb
bc127さん、こんにちは。

恐れ入りますが、修正プログラムを適用後に再発し、現在MBGのファイルを消して再起動し対応いただいているとのこと承知いたしました。
ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。

なお、弊社といたしましては、ウイルスバスターを快適にご利用いただくことを第一のサポートと考えております。
よろしければ、ご利用状況に関するログ採取等、さらに詳細を確認いたしますので、ご協力いただける場合は、その旨お返事くださいますようお願いします。

よろしくお願いします。
asarikun の写真

asarikun

  • 130 ポイント 100 badge 2x thumb
私も修正プログラムも適用し2週間ほど、MBGが44,000KBを超えたあたりから再発しはじめました。
ver 15.0.1172です。
面倒ですが、PCが重くてどうしようもないのでMBGファイルを更新して対応しました。

トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
asarikunさん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございます。

恐れ入りますが、修正プログラムを適用いただいても現象が再発したとのこと、承知いたしました。

ご利用のパソコン環境をさらに確認した上で、最適なご案内をいたしたく存じますので、担当部署よりご投稿にお使いのトレンドマイクロアカウント宛にメールにてご連絡いたします。

お手数をおかけしますが、サポートセンターからのメールをご確認いただき、関連情報をご採取の上、ご返信くださいますようお願いします。

よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
私も再発しました。
添付画像の通りです。更に酷くなっていますね...。

瞬くリソースモニターを眺めていると少しずつ書き込み量が減り、3,000,000バイト/秒程度付近で多少増減をしながらその状態が続いています。

バージョンは15.0.1172です。
MBG.dbのサイズは57,868KB [プロパティ 56.6 MB (59,408,384 バイト)]


(編集済み)
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
i!!i!!! さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

修正プログラムの適用後、現象が再発しました旨、承知しました。

画像を拝見しましたが、念のため、競合プログラムなどが存在しているか確認したく存じます。

弊社サポートセンターより情報の採取手順をメールにてご案内しましたので、重ね重ねお手数をおかけしますが、情報採取にご協力いただけますようお願いします。

よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
2018/11/07 本日再び再発しました。前回MBGリセット:2018/10/19

書き込み(バイト/秒):2,900,000~4,000,000強
バージョン番号:15.0.1172
MBG.dbサイズ: 52.6 MB (55,230,464 バイト)

MBG.dbリセット(リネーム)後はMBG.dbへの異常アクセス(書込)がなくなり、MBG.db-walへの書込、読込のみ


トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
i!!i!!!さん、お返事いただきまして、ありがとうございます。

11月7日に現象が再発したとのこと、承知いたしました。

この度の件では何度もお手数をおかけしており、誠に申し訳ございません。

誠に恐縮ではございますが、10月24日に新たに公開した修正プログラムを適用いただいたでしょうか。

もしまだ試していなければ、一度お試しいただき、現象が改善するかご確認いただけますようお願いします。

CPU使用率およびディスクアクセス増加により、パソコンの処理速度が低下する問題について

既に適用済みや改善しない場合、その旨をご連絡いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
本日、新しいという修正プログラムを実行したところ、直後からMBG.dbが大暴走しています...。
アップデートしなければよかったというのが正直な感想です。

修正の目処はたっているのでしょうか?
問題が長引くようであれば、その間代わりになるようなオススメのウイルスソフトを紹介してください。至急お願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
「アップデートをインストールしています...」がずっと消えません。
suzaku の写真

suzaku

  • 654 ポイント 500 badge 2x thumb

MBG.dbへの異常アクセス

i!!i!!!さん、こんばんは。

以下のページは参考になりませんでしたか?

https://ja.community.trendmicro.com/tm_jp/topics/-exploit-protection-aslr

Windowsのリソースは意外と簡単に壊れるのが現状です。

Windows10 で起動しているプロセス(アプリ)に CPUコアを割り当てる(変更する)方法を紹介します。
https://pc-karuma.net/windows-10-process-cpu-core/

https://pc-karuma.net/windows-10-processor-schedule/

Windows 7 高速化  -  ソフトウェアの動作を速くする
【 CPUコアを限定して負荷の高いプログラムを実行する 】
http://speedup-xp.com/win7org/53.html

Windows10 システム構成の「ツール」の使い方を紹介します。
https://pc-karuma.net/windows-10-msconfig-tool/

Windowsの壊れたシステムを修復する
https://pc-taskal.net/howto/windows/sfc-dism-system-recovery

システムファイルチェッカーでシステムファイルを修復する
システムファイルチェッカーは、昔から使えるツールです。

管理者のコマンドプロンプトを開き下記コマンドを実行します。

管理者コマンドプロンプト|sfc /scannow


C:\Windows\System32> sfc /scannow

 
時間がかかりますが、100%になり完了するまで待ちます。

アクセス権取得
ここでは問題のファイルが仮に「abcde.dll」とします。

管理者コマンドプロンプト

C:\Windows\Syetem32> takeown /f C:\Windows\System32\abcde.dll
C:\Windows\Syetem32> icacls C:\Windows\System32\abcde.dll /grant administrators:F
0
1
2
3
C:\Windows\Syetem32> takeown /f C:\Windows\System32\abcde.dll
C:\Windows\Syetem32> icacls C:\Windows\System32\abcde.dll /grant administrators:F
 
takeownコマンドは所有権の割り当てをします。

icaclsコマンドはアクセス制御の設定をします。

その後問題のないabcde.dllを上書きして入れ替えます。

Windowsの元のイメージから修復する
Window8以降から使える機能です。

Windowsの元のイメージと現在動いているOSのイメージの比較をして、問題があれば、元のイメージから修復ができるというものです。

Windowsの元のイメージはオンラインでWindows Updateから取得して動作します。

使うコマンドは「dism」で、Windowsのイメージを扱うコマンドです。

システムが破損しているか調べるには
管理者コマンドプロンプト

C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

0
1
2
 
C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
 
これは比較的すぐに終わります。

修復できるか調べるには
管理者コマンドプロンプト

C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

0
1
2
 
C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
 
ここで、正常か、修復可能か不可能か出ます。

システムを修復するには
管理者コマンドプロンプト

C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

0
1
2
 
C:\Windows\Syetem32> Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
 
これで実際の修復がされます。

前の2個は飛ばして、いきなりこれでもOKです。

遅い回線しか無い、ネットに繋がらない場合
上級者向けです。

時間がかかるのでパソコンサポートでその場ではあまり出来ません。

オンラインスキャンが失敗した場合や、モバイル回線などで遅い場合や、ネットに繋がらない、WindowsUpdateに繋がらない場合など用です。

修復のイメージはネット経由で行いますので、モバイル回線や、速度の遅いインターネット回線の場合、相当なダウンロードが発生するため果てしなく時間がかかります。

またWindows Updateに繋がらない時はこちらの方法しかありません。

そんな時は、WindowsのインストールISOがあれば、そこから修復が可能です。

ただし、稼働しているOSと同じバージョンでないとダメです。(WindowsUpdateの自動更新でバージョンアプしていると、その最新バージョンのISOが必要になります。)

最新のイメージの入手先:以下参照URL

https://pc-taskal.net/howto/windows/sfc-dism-system-recovery


※リソース モニターで簡単リソース監視
Windows Vista のリソース モニタも簡単に詳細な情報を見るには便利なものでしたが、Windows 7 ではさらに強化されています。本稿では強化されたリソース モニタについてご紹介します。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/ee350564.aspx

Windows 7画像



※sfc /scannowでファイルの修復ができない場合
sfc /scannow を実行しても、「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。」 などというメッセージが出て修復が出来なかった場合、以下の対処方法を試してみます。

エラーメッセージと原因および対策
エラーメッセージ
Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした
システムドライブ(Cドライブ)のMTFに異常が発生しているケースがほとんど。
この場合は「chkdsk c: /f」でなおる。
Windows8以降は「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」が効果的。
エラーメッセージ
Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。
一部のシステムファイルをWindowsシステムが利用中の場合がある。
この場合はPC再起動すれば修復可能になる
(念のためセーフモードで起動する)


Windows 7

https://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html

セーフモードで起動して、もう一度「sfc /scannow」を実行してみる。
まだ改善しない場合は、エラーが出なくなるまで「chkdsk c: /f」を繰り返してみる。
バッドセクタ修復されない、またはバッドセクタが検出された場合は「chkdsk c: /r」を実行してみる。(ディスクへの負担が大きく、最悪の場合ストレージが壊れる危険性もあるので覚悟が必要)
「chkdsk c: /f」でエラーが出なくなった後、再び「sfc /scannow」を実行してみる。
chkdskでエラーが見つからず、「sfc /scannow」でもエラーが修正されない場合は、Microsoftの このページ下段の内容(手動のファイルの置き換え)を実行してみる。


※それでも修復できなかったら
リカバリーした方が早そうですね。

一応全てログが

C:\Windows\Logs\CBS\CBS.log にありますので、そこから追えるかも知れませんが、かなり厳しいと思います。

一応WinSxSのキャッシュを掃除してみるコマンド

まず調査

管理者コマンドプロンプト


dism /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore

0
1
2
 
dism /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore
 
そしてクリーンアップ

管理者コマンドプロンプト


dism /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup

0
1
2
 
dism /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup
 
再度sfc /scannowをしてみましょう。

install.wimのバージョンやインデックスを調べる方法
格納されている内容を確認する

管理者コマンドプロンプト


C:\Windows\system32>dism /Get-wiminfo /wimfile:D:\sources\install.wim

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.15063.0

イメージの詳細: D:\sources\install.wim

インデックス: 1
名前: Windows 10 Pro
説明: Windows 10 Pro
サイズ: 15,619,822,436 バイト

インデックス: 2
名前: Windows 10 Home
説明: Windows 10 Home
サイズ: 15,441,371,540 バイト



https://pc-taskal.net/howto/windows/sfc-dism-system-recovery

参照頂き修復出来れば幸いです。


i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
詳細なご説明有難うございます。
色々試してスッキリさせたいところではあります。
現状、MBG.dbが50-60MB付近になった際にリセットすることで取り敢えず問題回避は出来ています。何一つ解決していませんが取り敢えずは一番簡単なこの方法をベースに、教えて頂いた方法後日試してサポート期限まで頑張ってみます。
suzaku の写真

suzaku

  • 654 ポイント 500 badge 2x thumb
i!!i!!!さん
トレンドマイクロ_Y, Employeeさん
こんばんは。
及びWindows7ユーザーのみなさんへ

Windows7:リソースを修復する・・解説不足部分の補足です

※-----謝辞:Windows7リソース修復(過去の経験)-----※

以前Windows7リソース修復を試みて成功した方法などを簡易な順にピックアップします。

1).使用しているストレージ(HDD)の製造メーカー純正ドライバーをインストールする

・WindowsアップデートによりHDDドライバーが上書きされストレージの動作が不安定になる例がある。
インストール後再起動:これだけでリソースが修復されたことがあった。
参照:メーカーサイトURL

・ウェスタンデジタル(WD)サイトURL(ストレージサービス)ソフトウェア(Windows用)
https://support.wdc.com/downloads.aspx?lang=jp#firmware

・シーゲートサイトURL
https://www.seagate.com/jp/ja/support/downloads/
参考図


2).実行中OS(Windows7)の新規ユーザーアカウントを作成する

HDD管理者権限について詳細(アドビ社)URL
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_83128.html

参考図


:1・区別し易いようにアルファベットで『SUZAKUとかKENTA』など使用したことが無い名称で且つ『管理者権限』を与える
:2・HDDセキュリティー設定でC¥をフルコントロール及び監査権限を付与する
参考図


参考図

:3・Windows機能の有効化メニューで必要な設定を行う
参考図

:4・『sfc /scannow』を実行し、正常なリソースが得られる場合リソースファイルを外部メディアへ保存~C¥Windows7のリソースと置き換える・以後同じ操作を行いリソースを保存する習慣を持つ。
:5・必要なWindowsアップデートを行う。
:※お勧めする外部メディア『トランセンドJP』SD又はUSB機器
https://jp.transcend-info.com/product/usb

参考図
https://jp.transcend-info.com/products/Product_detail.aspx?no=396




3).ストレージ性能にもよるが、HDDをパーテーション分割しC¥以外のパーテーションにOSをインストールする。

参考図


・HDDが使用期間2年以内・かつ500GB以上の容量がある場合以下のように分割し正常なリソースデータ抽出を行い外部ストレージへ保存・破損したリソースと置き換える。
:1・500GBHDDの場合(Windows7限定)C¥200GB(NTFS)D¥150GB(NTFS)E¥150GB(exfat)に分割(例として記載~任意に設定してください)
:2・C¥のOSは後で使用可能なので、D¥にインストールメディアを使用してOSインストール・E¥はデータ専用とする。
:3・D¥のWindows7が正常にインストール後Windowsアップデート前にHDD管理者権限の取得など必要な操作を行い完了後リソース抽出を行い保存~C¥Windows7のリソースと置き換える。
:4・必要なWindowsアップデートを行う。
:※正常稼働OSをバックアップする場合ドライブは(NTFS)フォーマットでなくてはならないので、C¥D¥のどちらかをNTFSフォーマットし正常稼働のバックアップを保存する。
・予算が許せば『外部メディア:USBHDD』を導入し、OS稼働正常時のバックアップを保存しておく。

・※リソースと置き換える詳細URL(破損したシステム ファイルを、正常であることが判明しているファイルのコピーに手動で置き換える方法)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/929833/use-the-system-file-checker-tool-to-repair-missing-o...

※Windows環境でexfatドライブのファイルを参照(視覚化)出来ない現象が思慮されるのでexfatフォーマットドライブを導入されるユーザーはパラゴン・ドライバを必須でDLインストールする必要があります。
https://www.seagate.com/jp/ja/support/downloads/

参考図



4).メーカー製PCでインストールメディアが無い(デジタルID)場合

:マイクロソフトサイトからWindowsAIK(ADK)をダウンロード・ISOファイルを作成します。
:デジタルIDとライセンス認証IDは異なるものなので『ライセンス認証ID』をコマンドプロンプトから抽出を行い外部メディアへ保存してください。
:その後の操作は『3).』と同じです。

Windows 7 のインストールまたは再インストールが必要な場合は、このページからディスク イメージ (ISO ファイル) をダウンロードし、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。(マイクロソフト)

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7

※WindowsAIK(ADK)ダウンロードWindows® 7 用の Windows® 自動インストール キット (AIK)(マイクロソフト)
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=5753

※WindowsAIK(ADK)の使用方法(詳細)URL

https://eset-support.canon-its.jp/faq/show/164?site_domain=private

コマンド

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

・(私のWindows10)の例(Windows共通)

Microsoft Windows [Version 10.0.16299.755]
(c) 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\WINDOWS\system32>wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey
OA3xOriginalProductKey
XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
(上記Xの部分が『ライセンス認証ID』で5桁・25文字ハイフン除く)が抽出されます。


※3~4の操作に必要なアプリ(プログラム)

・ISO変換アプリ(プログラム:解凍ソフト)URL(Lhaplus (ラプラス))
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

・AOMEI Partition Assistant
パーティションをリサイズ及び任意のフォーマット

AOMEI Partition Assistantでパーティションをどのようにリサイズしますか?のページ
https://www.disk-partition.com/jp/help/resize-partition.html

AOMEI Partition Assistant Standard Edition 6.6~7.0
ダウンロードページ(メールアドレス・必要)煩わしい催促等々ないです。
ヤフーメールでOK
無料ダウンロードと無料体験があるので体験版をクリックしないように
https://www.disk-partition.com/jp/download-home.html

・推奨するアプリ(プログラム)

Defraggler
https://www.ccleaner.com/defraggler/download

Defraggler64.exe
https://www.ccleaner.com/defraggler/


※重要事項説明

Microsoft Windows(全てのバージョン)をクリーンインストールする


必要な物(一覧)

1.Windowsが求めるシステム:HDD(容量:回転数等)・SSD使用の際は別途マウント用キットが必要(デスクトップパソコン等)
2.インストール用メディア(DVD:USB)等
3.ISOファイル(Microsoftからダウンロード)
4.ISOファイル解凍ソフト(ISOイメージをブートメディアに変換)
5.HDDパーテーション作成(統合)ソフト
6.HDD最適化ソフト
7.システム最新ドライバー
8.Windowsプロダクトキー(メーカーPCでインストールメディアが付属でない場合クリーンインストール前に抽出する)
9.コマンドプロセッサ起動コマンド(これだけコピーペーストして別のメディアへ保存)
10.現在稼働中PCから必要な情報を抽出し別メディアへ保存(デバイスドライバー:ブラウザお気に入り:ドキュメント:使用するプログラムのIDとパスワード・インストールの際必要)
11.予算が許せば『外部メディア:USBHDD』を導入し、OS稼働正常時のバックアップを保存しておく。(IOデータ3TB・USB3.0)¥9500~¥11500位が相場のようです(ヤフーショッピング)
https://shopping.yahoo.co.jp/search/HDD+3tb+%E5%A4%96%E4%BB%98%E3%81%91+%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%...


※-----謝辞:Windows7リソース修復(過去の経験)此処まで-----※

(編集済み)
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
suzakuさん、こんにちは。

ご自身の体験談をふまえたご親切なアドバイスをいただきましてありがとうございます!

今後もよろしくお願いいたします。
suzaku の写真

suzaku

  • 654 ポイント 500 badge 2x thumb
i!!i!!!さん
トレンドマイクロ_Y, Employeeさん
こんにちは。
及びWindows7ユーザーのみなさんへ

Windows7:リソースを修復する・・追加情報です(Windows Power Shell 5.0 を Windows7 にインストールする)

Windows管理フレームワーク5.1

画像


URL(Qiita)
https://qiita.com/busonx/items/2ebca42866833516c772

画像


Windows PowerShell のインストール
URL(マイクロソフト)
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=54616

.NET Frameworkのシステム要件
Windows 7 SP1 と Windows Server 2008 R2 に .NET Framework をインストールする
.NET Framework 4.7.2
https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/framework/install/on-windows-7
画像


.NET Framework 4.7.2 のダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/search?q=NET+Framework+4.7.2

NET Framework 4.7.2(マイクロソフト:検索)
画像


Windows 10、8.1、8.0、7 で PowerShell を見つける

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/scripting/setup/installing-windows-powershell?view=power...

Windows Power Shell が利用出来るメリット(利点)

Windows PowerShell(管理者)PowerShellコマンドを実行しリソースエラーを修復可能
以下コマンド(オンライン:Windowsアップデート環境)での使用が必須
DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

システムリソース・エラーを復元
sfc /scannow

ディスクエラーを回復
chkdsk /scan

ディスクを最適化
最適化 defrag c: /h /u /v

空き領域再配置 defrag c: /h /x /u /v

修復後 shutdown /r

メモ帳にコピーペースト:保存はUnicodeが必須

以上(追加情報)です。
MBG.dbへの異常アクセス:早く正常稼働出来るよう健闘・応援してます。

不明な点等ございましたらコメントをお願い致します。

(編集済み)
suzaku の写真

suzaku

  • 654 ポイント 500 badge 2x thumb
i!!i!!!さん
トレンドマイクロ_Y, Employeeさん
こんにちは。

その後いかがでしょうか。

最新ニュースhttps://japanese.engadget.com/2018/12/06/softbank/

本来ならば解説画像添付で記事として記載出来れば良いのでしょうが、最新の情報ですので画像は極力遠慮した内容です。

当方以下の通り設定変更等あり、MBG.dbへの異常アクセス(本ページへの)追加のコメントとして記載致します。
※画像データはPC・2のデータなので、(モニタが17インチ)普段私がUPしている画像より見づらい可能性があります。

※Windowsの最適稼働を目指す(ウィルスバスターMBG・dbの異常等)改善策

※--------Defraggler(私のorハードな断片化HDD)デフラグラー使用方法----2018年12月5日更新-----------

既定に追加した拡張子(2018年11月5日以降)以下の設定で30日稼働:異常は見受けられなく、通常時は:クイックデフラグのみで断片化回避『所要時間5~10分(システム構成・ハードウェア構成・ハード&ソフトウェア:アプリケーションの量により可変すると思慮される)』

・アクション(A)クイックデフラグドライブ(Q)をクリックで『クイックデフラグ』が稼働⇔その後でファイルリスト(ファイルを見る)クリックで☑ファイル名一番上にチェックすると全ての断片化ファイルが選択されるので、下ボタン2番目の『チェック項目をデフラグ』ボタンをクリックしてデフラグを完了する。

参照画像


・コマンドプロセッサー起動でのデフラグは(1回/1週間)で充分だった。
・この期間に一番多く行ったシステムメンテナンスは、『・オンラインでシステムリソース・エラーを復元
DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth・システムリソース・エラーを修復
sfc /scannow』で有った(後に情報を記載)。

例・ハードウェアの良くない変更
・ハードウェア保守の注意点:メモリ増設の際はセット交換が必須(例:4GBメモリDDR増設時は4GBX2⇔4GBX4⇔市販セット品で増設する)
・使用中のDDRと同じメーカー品であっても、1DDRだけの増設で4GBX2⇔8GBとした場合不具合が発生する場合が有る:上記のようにセット交換が既定と思慮される。
https://www.pc-koubou.jp/faq/faq_detail.html?id=183&category=&page=1

https://azby.fmworld.net/usage/quiz3/20070815/
・HDD(システムドライブ・C\)を購入時のままで使用する(例:Windows10で1TBHDDをそのまま使用している)⇔断片化が起きやすくデフラグに要する時間が増加&リード・ライトエラーでドライブヘッドの寿命短命化に直結。

参照画像

例・ハードウェアの良い変更(本来Windows(全OS)のバックアップは外部メディアが理想だが、緊急避難的にHDD内部にバックアップドライブを作成する・メリット⇔外部メディア購入前にD\を作成⇔NTSC(バックアップドライブに指定)C\に不具合が起きたと想起した場合D\のバックアップ情報:システムイメージから全てを回復する事が容易となる。)
https://www.pro.logitec.co.jp/about_hdd/hddssd/20180531/

・・HDD(システムドライブ・C\)は、Windows7でのC\は200GB~300DB:Windows10でのC\は400GB~500GBの容量が有れば充分と思慮される。
・・・パーテーション作成ソフトの勧め
参照画像

・・・パーテーション作成ソフトによりHDDドライブをカスタマイズ(ドライブ分割とフォーマット:Windows既定はNTSC・断片化し難いフォーマットはexfat)、
Windows10環境で1TBHDDであれば・C\を400GB⇔NTSC:D\を400GB⇔NTSC(バックアップドライブに指定):残り全部~E\を⇔exfatへとカスタマイズする。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1307/29/news117.html
参照画像

AOMEI Partition Assistant
https://www.disk-partition.com/jp/articles/exfat-format-tool.html

AOMEI Partition Assistantでパーティションをどのようにリサイズしますか?のページ
https://www.disk-partition.com/jp/help/resize-partition.html

AOMEI Partition Assistant Standard Edition 6.6~7.0
ダウンロードページ(メールアドレス・必要)煩わしい催促ないよ
ヤフーメールでOK
無料ダウンロードと無料体験があるので体験版をクリックしないように
https://www.disk-partition.com/jp/download-home.html

例・・・ソフトウェアの良い更新
・・・64bitマシンの場合⇔例えば(マイクロシフトC++:ヴィジュアルCランタイム)を更新(インストール)する場合、64bitマシン環境で64bit&32bit双方のアプリケーション(ソフトウェア)が使用可能だし現に32bitアプリケーションは既定(Office等)でインストールされている。
・・・・なので(マイクロシフトC++)を更新(インストール)する場合には、64bit&32bit双方のバージョンをダウンロード&更新するのが最善のアプリケーション(ソフトウェア)更新方法と思慮される・・(マイクロシフトC++に限らず他のランタイム等も64bit&32bit双方のバージョンが利用可能性がある場合は同じ事が言える)。
https://knowledge.autodesk.com/ja/search-result/caas/sfdcarticles/sfdcarticles/JPN/How-to-remove-and...

インデックス再構築:設定-------任意に設定可------2018年11月5日更新----
※*.edb*.dbのインデックス作成を追加

※--------Defraggler(私のorハードな断片化HDD)--2018年11月5日更新----

Defraggler64.exe
https://www.ccleaner.com/defraggler/download/standard

例・Defraggler (デフラグラー)の設定

|*.iwd

|*.msi|*.mui

既定の設定を変更

デフラグ(設定値)

☑ドライブのデフラグ中に巨大なファイルをドライブ後方へ移動
・移動に関する設定
・最小ファイルサイズ: 0 MB

 ☑選択した拡張子のみ移動

拡張子

☑Archives:*.edb|*.esb|*.arj|*.tar|*.rar|*.zip|*.cab|*.7z|*.db
☑Disk images:*.bin|*.iso|*.mdf|*.vhd|*.iwd|*.msi|*.mui
☑media file:*.avi|*.mkv|*.mpg|*.mov|*.mp4|*.mpeg|*.wmv|*.asx|*.asf|*.mov|*.mp2|*.m2p|*.qt|*.ra|*.ram|*.rm|*.swf|*.wav|*.wma|*.m4a

クイックデフラグ(設定値)

☑これより小さい断片を含む・・・・:5000MB
☑これより多い断片を含む・・・・・:2フラグメント
☑最小値:・・・・・・・・・・・・:0MB
☑最大値:・・・・・・・・・・・・:14555MB

拡張設定
☑独自の断片化設定を使用する(定義)
・☑復元ポイントを除外
その他の設定
☑設定:ブートタイムデフラグ⇔毎回(E)
☑設定:プロセスの優先度⇔通常
※作業中デフラグの場合(事務用PC等)バックグラウンド(B)で稼働可能

※Defraggler (デフラグラー)稼働中に*.edbファイルのリードエラー(読み込みエラー)が発生して、*.edbファイルのデフラグが完了しない(数値が1にならず2以上の複数値)場合、*.edbファイルをリサイズ(デフラグ)が可能・ページ中に方法を記載する(コマンドを使用)。

※----Defraggler(私の断片化HDD)デフラグラー使用方法--システムリソースが破損する--2018年12月5日更新----
参照画像



参照画像

参照画像

参照画像


最近のWindowsエラーの主な原因はWindowsアップデートによりシステムリソースが破損する案件がメインと思慮される

sfcコマンド(システム・ファイル・チェッカー)の使用結果と使用頻度から考慮可能な事案、Windowsアップデート1/2回の確率でシステムリソースが破損していた。再現実験と解決結果⇔(結果から原因を特定する⇔不調を再現しその不調を除く方法)
※Windows PowerShell(管理者)の実行コマンド
・オンラインでシステムリソース・エラーを復元(所要時間:30分~45分・システム構成・ハードウェア構成・ネットワーク接続速度等により可変)
DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

・システムリソース・エラーを修復
sfc /scannow

---------------------------------
コマンド ラインから詳細を制御しながら最適化を実行する

Windows 7 では、管理者特権で実行しているコマンド プロンプトから、コマンドライン デフラグ ツール Defrag.exe を使用すると詳細を制御しながら最適化を行えます。

•<ボリューム>: 最適化するボリュームのドライブ文字またはマウント ポイントを指定します。
•/C: コンピューターのすべてのローカル ボリュームを最適化します。
•/E: コンピューターのローカル ボリュームのうち、指定したもの以外をすべて最適化します。
•/A: 指定したボリュームを最適化しないで、分析レポートを表示します。
•/X: 空き領域を統合します。空き領域の統合は、ボリュームを圧縮する場合に便利です。また、今後、ファイルが断片化することを抑えられます。
•/T: 指定のボリュームで実行中の操作を追跡します。
•/H: 処理を既定の優先度 (低) ではなく、通常の優先度で実行します。このオプションは、コンピューターで最適化以外に処理が行われていない場合に指定します。
•/M: 複数のボリュームの最適化を同時に並行して行います。このオプションは、IDE インターフェイスを使用するディスクではなく、SCSI ベースのディスクや SATA ベースのディスクなど、複数のディスクに同時にアクセスできるコンピューターで使用すると便利です。
•/U: 画面上に処理の進行状況を出力します。
•/V: 詳細モードで実行します。詳細情報や統計情報を追加で提供します。
・・上記:システムから抽出した情報をペーストして記載(Windows10)

コマンド:例

defrag c: -h -u -v 最適化 defrag c: /h /u /v

defrag c: -h -x -u -v 空き領域再配置 defrag c: /h /x /u /v

defrag -c -h -u -v 全てのドライブを最適化 defrag /c /h /u /v

デフラグ(コマンド停止用キー:Ctrl+C・コントロールとCボタン同時押しで停止・・極力避けましょう)
https://wave.hatenablog.com/entry/2016/01/21/082700
・停止用キー(「Ctrl」キー+「Alt」キー+「Delete」キーでシャットダウンWindows10停止)Windows10稼働異常時に使用
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=017663

・ディスクエラーを回復
chkdsk /scan

・システムを再起動(Windows10既定は凡そ1分後に全てのアプリを閉じて強制再起動する)

shutdown /r

・・注意点:Windowsの品質(機能)更新プログラム等をアップデートした際には『Windowsスタートメニューコンソール』にある『再起動』ボタンを適用しないと(システムリソース)更新エラー又はリソース破損等の理由により実際には更新されているのに、Windowsスタートメニューコンソールで更新適用以前の情報が保存されていて結果『更新エラー』となる例がある。
・・・Windows10開発は誰にでも使いやすいOSを目指しているのだろうが、この辺りの事案は改善して頂きたいものだ・知っていると様々な手順で再起動させてしまい、知らないと『Windowsスタートメニューコンソール』を使用するのであろうが、迷惑な機能だと言わざるを得ない。

・・・・手動で更新プログラムをDLインストールする際にも上記と同じような現象が発生する例があり、リソース復元(DISM.exe /:sfc /scannow:この場合は上書き)を行わなけれなならない。
・・・・・甚だ迷惑な機能だと言わざるを得ない。

---------------------------------

※--------edbファイルを(最適化)リサイズする方法----2018年12月02日更新-----------

Windows.edb PST ファイルは、Windows のインデックスを作成するときに予想よりも大きい
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
以下のコンテンツのインデックスを作成します。大量のコンテンツがあれば、Windows.edb が非常に大きく期待できます。ローカル (で outlook に少ないメールをローカルでまたはインデックス作成のオプションのスコープを変更することによって、キャッシュが変更、詳細設定からインデックスの再構築の後に -> -> 以下のコンテンツのインデックスを作成するディスク使用量を削減する唯一の方法は、この例では、します。再構築) します。
コマンド プロンプトから .edb ファイルのオフラインでの最適化を実行します。次のコマンドを実行することによって:原文(マイクロソフト:サイト)

・コマンド実行順序(1:でエラー表記になるが気にせず続ける⇔:より右がペーストするコマンドです)。
参照画像


1:Sc config wsearch start=disable
2:Net stop wsearch
3:EsentUtl.exe /d %AllUsersProfile%\Microsoft\Search\Data\Applications\Windows\Windows.edb
4:Sc config wsearch start=delayed-auto
5:Net start wsearch
参照画像

---------------------------------
Windows 10 プロファイルの変更

・ファイル名を指定して実行コマンド
C:Windows 10 プロファイルの変更⇒Gpedit.msc

※--------edbファイルをリサイズする方法----2018年12月5日更新--------此処迄------※

※Windowsの最適稼働を目指す(ウィルスバスターMBG・dbの異常等)改善策----2018年12月5日更新--此処迄------※
以上(最新情報)です。
MBG.dbへの異常アクセス:早く正常稼働出来るよう健闘・応援してます。

不明な点等ございましたらコメントをお願い致します。
(編集済み)
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
suzakuさん、いつも丁寧なアドバイスありがとうございます。

i!!i!!!さん、こんにちは。

時間が経ちましたが、その後の様子はいかがでしょうか。寄せられたコメントは確認できましたでしょうか?

解決しない場合、度々お手数ですが、その旨をご連絡くださいますと幸いです。
よろしくお願いします。
i!!i!!! の写真

i!!i!!!

  • 170 ポイント 100 badge 2x thumb
トレンドマイクロ_Y, Employeeさんこんにちは。
呼び出しでしょうか?別の方も再発しているようですね。

只今確認したところ下記の通りです。ご確認下さい。
これからリセットします。



再インストールはしていませんので時間あれば年末試してみます
(編集済み)
suzaku の写真

suzaku

  • 654 ポイント 500 badge 2x thumb
i!!i!!!さん
トレンドマイクロ_Y, Employeeさん

デフラグツール等は効果ありませんでしたか?。

小生のPCは快適に稼働しているのですが・・・



こんばんは
とても寒い一日でしたが、お返事お待ちしております。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
suzakuさん、コメント頂き、ありがとうございます。

i!!i!!! さん、お忙しい中、画像をご提供頂き、ありがとうございます。

MBGファイルのリセットでは大変お手数をおかけし、誠に申し訳ございません。

誠に恐れ入りますが、前回修正プログラムを適用後、「アップデートをインストールしています」が出たことから、修正プログラムの適用が正常に完了しなかった可能性が高いと思われます。

再インストール及び修正プログラムの適用により、改善が見られる可能性がございますので、お時間のある際に一度お試しいただけますと幸いです。

万が一また何かありましたらサポートしますので、お気軽にご返信ください。

この度の件では長期に渡りご迷惑をおかけしておりますことを再度心よりお詫び申し上げます。

よろしくお願いします。
asarikun の写真

asarikun

  • 130 ポイント 100 badge 2x thumb
10/24の「CPU使用率およびディスクアクセス増加により、パソコンの処理速度が低下する問題について修正プログラム」(VB2019_150_win_jp_LCE_hfb7.1.1021.exe)を入れてから、MBGが40,000KBを少し超えると数時間で39,000KB付近まで減るようになり、今の所不具合は出なくなっています。
この修正プログラムの内容は通常のアップデートに反映されているのでしょうか?

(編集済み)
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
asarikunさん、詳細な状況を共有いただきましてありがとうございます。

10月24日に公開した修正プログラムを適用いただくことで、問題が解消されたとのこと、承知いたしました。

この度の件では大変お手数をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

ご質問の件に関し、ウイルスバスターの修正プログラムは、自動アップデートで配信する場合がありますが、現時点で配信の実施は未定の状況でございます。

アップデートの配信が決定しましたら改めてお知らせします。

ウイルスバスターのご利用において、また何かありましたら、お気軽にコミュニティまでご投稿ください。

よろしくお願いいたします。
トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,092 ポイント 3k badge 2x thumb
suzakuさん、こんにちは。
ほかのユーザーの方へのアドバイスを投稿していただきありがとうございます!

i!!i!!!さん、この度は長期にわたり、ご不便をおかけしており誠に申し訳ございません。

修正プログラムを適用後、現象が改善せず、「アップデートをインストールしています」が表示され続けるとのこと、承知いたしました。

誠に恐れ入りますが、アップデートが正常に完了できないことから、ウイルスバスターの一部ファイルに不具合が発生している可能性が考えられます。

度々のお願いで誠に申し訳ございませんが、ウイルスバスターを再インストールいただき、手動でアップデートを行うことで、MBG.dbへの異常アクセスとアップデートが完了できない現象が改善するか改めてご確認いただけませんでしょうか。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

ウイルスバスター クラウド の手動インストール方法

手動アップデートの方法について

万が一、現象に改善が見られない場合、直ちに確認いたしますので、ご連絡くださいますようお願いいたします。

お忙しいところ度々お手数ではございますが、よろしくお願いいたします。

asarikunさん、この度は長らくお待たせしてしまい、申し訳ございません。

10月24日に公開した修正プログラムはアップデートで配信いたしましたので、お知らせいたします。

ご利用いただく上でまた何か不明な点などがあれば、お気軽にお尋ねください。

今後ともよろしくお願いします。
asarikun の写真

asarikun

  • 130 ポイント 100 badge 2x thumb
10/24の修正プログラムを入れてからMBG.dbが40,000KB程度で安定していたのですが、数週間前の再起動を伴う更新後からMBGが増え始め、現在61,000KBを超えました。MBGのサイズが増えるにつれ、以前のようにディスクアクセス100が常に続くわけではないのですが、その症状が時折数十分ほど発生し、その間PCが異常に重く使用に困るようになってきました。
まだ、MBGのリセットは行っていません。同症状が出ていた他の方の様子も気になります。
OSはWin8.1、VBのバージョンは15.0.1204です。


トレンドマイクロ_Y の写真

トレンドマイクロ_Y, Employee

  • 3,042 ポイント 3k badge 2x thumb
asarikunさん、お返事頂き、ありがとうございます。

現象が再発したとのこと、承知いたしました。

度々恐れ入ります、ご利用のパソコン環境などを確認しなければいけない場合がありますので、引き続きサポートセンターよりメールにて対応いたしたく存じます。

また、この度は弊社のサポート対応が至らずお客さまを不快なお気持ちにさせてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

この度はご不便をおかけしておりますが、弊社といたしましてはお客さまに快適に弊社製品をご利用いただくことを第一のサポートと考えておりますので、関連情報の収集などに何卒ご協力いただけますようお願いいたします。