スキャンが止まらない

  • 1
  • 質問
  • 更新回数: 2か月前
  • 回答済み
win7でスキャンが止まらなくなりパソコンが乗っ取られたようです。
これじゃあ人におすすめできないですね。
miyakoshi_osaruno2 の写真

miyakoshi_osaruno2

  • 70 ポイント

投稿時間: 2か月前

  • 1
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 560 ポイント 500 badge 2x thumb
こんにちは。
トレンドマイクロお客さまコミュニティへの投稿ありがとうございます。

ご投稿の件につきまして、ご利用のコンピュータの詳細な状況を確認いたしますので、お手数ですが、下記手順をご参照のうえ、ウイルスバスターのすべてのモジュールを一時停止してから、再起動いただくことで、ご指摘の現象が改善されるかご確認ください。 

----------------------------------------------------------- 
■ ユーザーアカウント制御について(はじめにご確認ください) 
----------------------------------------------------------- 
 
ユーザーアカウント制御について: 
コンピュータの動作や設定を変更する可能性がある操作を実行した際に、 「ユーザーアカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。 
 
メッセージが表示された場合は、[続行] または [OK] をクリックしてください。 
※ パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。 
 
なお、「ユーザーアカウント制御」の詳細につきましては、Microsoft社、またはお使いのコンピュータの製造元へご確認いただきますようお願いいたします。 
 
----------------------------------------------------------- 
【1】 ウイルスバスター クラウド すべてのモジュールの停止 
----------------------------------------------------------- 
 
下記サポートページをご参照の上、ウイルスバスター クラウドを一時停止し、
お問い合わせの現象が回避できるかご確認ください。 

ウイルスバスター クラウドを一時停止する方法

※現象が再現するか確認できましたら、コンピュータを保護するため、次のいずれかの操作にてウイルスバスターを起動してください。 
 
a. 同画面内にある [4.すべてのモジュールを起動] をクリック。 
b. コンピュータの再起動 

----------------------------------------------------------- 
■ 操作結果 1 
----------------------------------------------------------- 
 
Q1. ウイルスバスターをサポートツールにて再起動いただくことで、ご指摘の現象に改善が見られましたでしょうか。 
 
[ はい / いいえ ] 
 
Q2. スキャンが特定ファイルまたはフォルダで止まってしまった場合、当該ファイルまたはフォルダ名を教えていただけますでしょうか。 
 
[ ] 
 
----------------------------------------------------------- 
 
現象が回避できない場合、誠に恐縮ではございますが、このたびの現象は、ウイルスバスターのプログラムと他の「常駐プログラム」との競合が原因で発生している可能性がございます。 
 
お手数ですが、下記手順にてウイルスバスター クラウド「以外」の 「常駐プログラム」を停止していただき、現象が回避できるかご確認ください。 
 
※ご参照 
常駐プログラムとはコンピュータの起動時から終了時まで、常に動いているプログラムのことです。ウイルスバスターも常駐プログラムの1つです。 
ウイルスバスター クラウド「以外」の「常駐プログラム」を停止することで現象が回避できた場合は、お問い合わせの現象の要因となっている「常駐プログラム」を特定してください。

-----------------------------------------------------------
■■■ はじめにご確認ください ■■■
-----------------------------------------------------------

(1) 現象の再現性をご確認後、設定を元に戻してください。

ウイルスバスター以外の常駐プログラムを停止することで、ご利用のプリンタやインターネット接続がご利用いただけない場合がございます。
操作結果をご確認後、元の設定に戻してください。

(2) ユーザーアカウント制御について:
コンピュータの動作や設定を変更する可能性がある操作を実行した際に、「ユーザーアカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。

メッセージが表示された場合は、[続行] または [OK] をクリックしてください。
※パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。

なお、「ユーザーアカウント制御」の詳細につきましては、Microsoft社、またはお使いのコンピュータの製造元へご確認いただきますようお願いいたします。

-----------------------------------------------------------
【1】システム構成(msconfig)の起動
-----------------------------------------------------------

(1) Windowsの [スタート] → [プログラムとファイルの検索] 欄に「msconfig」と入力します。

(2) プログラム欄に「msconfig.exe」が表示されましたら、「msconfig.exe」上で右クリックをし、[管理者として実行] を選択します。

(3)「システム構成」画面が起動します。

-----------------------------------------------------------
【2】ウイルスバスター クラウド以外の常駐プログラム停止
-----------------------------------------------------------

※ご注意※
ご利用状況により存在しないプログラムがございますが、その場合は、続けて操作してくださいますようお願いいたします。

■■■ サービスの変更 ■■■

(1)「システム構成」画面の [サービス] タブをクリックします。

(2) [Microsoftのサービスをすべて隠す] のチェックをオンにします。

(3) 以下の常駐プログラム「以外」のチェックをすべてオフにします。

※ご利用状況により存在しないプログラムがございます。

・Trend Micro Solution Platform
・Platinum Host Service
・パスワードマネージャー管理サービス

※チェックをオフにする項目をメモにお控えください。

(4) [適用] ボタンを押します。

■■■ スタートアップ項目の変更 ■■■

(1)「システム構成」画面の [スタートアップ] タブをクリックします。

(2) 以下の常駐プログラム「以外」のチェックをすべてオフ(無効)にし、[適用] をクリックします。
※ご利用状況により存在しないプログラムがございます。

・Trend Micro Anti-Spam for Outlook
・Trend Micro Platinum

※チェックをオフにする項目をメモにお控えください。

(3) [OK] をクリックすると、再起動を促すメッセージが表示されます。[再起動] をクリックし、コンピュータを再起動してください。

※ご注意※
コンピュータ再起動時に「システム構成ユーティリティを使ってWindowsの開始方法を変更しました。....」という警告メッセージが表示されることがございます。

上記の場合、メッセージ下部の「□Windowsの開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない」のチェックをオンにし、[OK] をクリックします。

-----------------------------------------------------------
【3】現象の確認
-----------------------------------------------------------

お問い合わせの「スキャンが止まらない」現象が回避できるかご確認ください。

なお、ウイルスバスター「以外」の常駐プログラムをすべて停止することにより現象が回避できる場合は、引き続き次の手順をご確認いただき、現象の要因となっている「常駐プログラム」を特定してください。

また、ウイルスバスター「以外」の常駐プログラムをすべて停止しても現象が回避できない場合は、元の設定に戻していただきました後、その旨を弊社までご連絡ください。

※参考※
・上記にて常駐プログラムの停止を実行した場合、プリンタやインターネット接続がご利用いただけない場合がございます。

-----------------------------------------------------------
【4】競合する常駐プログラムの特定
-----------------------------------------------------------

停止している「常駐プログラム」を1つずつ有効にすることで、現象の原因となる「常駐プログラム」の特定ができます。

大変お手数ですが、手順【2】を操作する際にお控えいただきましたメモをご確認いただき、次の操作をお試しくださいますようお願いいたします。

■■■ 操作手順 ■■■

(1) 手順【1】「システム構成(msconfig)の起動」をご参考いただき、「システム構成」画面を開いてください。

(2) 上記手順【2】にて停止していただいた [サービス] タブと[スタートアップ] タブの常駐プログラムを有効に戻していきます。

(3) システム構成画面で [OK] ボタンを押すと、再起動を促すメッセージが表示されますので、[再起動] を選択し、コンピュータを再起動します。

※ご注意※
一度に複数の常駐プログラムを「有効」に戻していただいても問題はございませんが、現象が再現した場合、原因となる常駐プログラムの特定が困難になる可能性がございます。

お手数ではございますが、正しく原因を特定するためにも、1つずつ常駐プログラムを「有効」に戻していただくことをお勧めいたします。

(4) 現象が発生するか確認します。

(5) 現象が再現しない場合は、上記手順を繰り返し、競合する常駐プログラムの特定を行います。

-----------------------------------------------------------
■ 操作結果 2
-----------------------------------------------------------

Q3. ウイルスバスター クラウド「以外」の常駐プログラムを停止することで現象は回避できましたか。

[ 回避できた / 回避できなかった ]

Q4. ウイルスバスター クラウド「以外」の常駐プログラムを停止することで現象が回避できた場合、問題となるプログラム名を教えてください。

項目名:[ ]

※操作をご確認いただきましたら、停止していただいた常駐プログラムを有効に戻し、元の設定に戻してください。

-----------------------------------------------------------

もし上記方法でも改善されない場合、たびたびお手数ですが、 現象が発生している画面を
採取し、お返事をお願いいたします。

※ご参考
画面を採取する方法

画像のアップロード方法

操作に不明点などがありましたら、お気軽にお返事ください。
よろしくお願いします。