強化版アンインストールツールの利用が必要な現象について

  • 2
  • 記事
  • 更新回数: 11か月前
こんにちは。
コミュニティにご投稿いただいている以下の二つの問題の対応方針についてお知らせいたします。

【1】C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debugの容量が増加する
【2】ShocutLauncher.exe - アプリケーションエラーが発生する

------------------------------------------------------------
【1】C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debugの容量が増加する
------------------------------------------------------------

はじめに、FAQに公開されているアンインストールツールを試し、改善が見られるか確認します。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

上記アンインストールツールをお試しいただいても改善しない場合、「強化版アンインストールツール」をご案内いたしますので、問題の内容と通常のアンインストールツールを試したことをご明記のうえ、新規ご投稿ください。

------------------------------------------------------------
【2】ShocutLauncher.exe - アプリケーションエラーが発生する
------------------------------------------------------------

「ShocutLauncher.exe - アプリケーションエラー」が発生しているお客さまは、ウイルスバスター クラウドの常駐プログラムを停止することで改善が見られるかご確認ください。この操作は今回のエラーとウイルスバスターの関連性を確認する前に行います。

※常駐プログラムの停止手順は、トピックの一番最後に案内しています。

ウイルスバスターの常駐プログラムを停止することで改善が見られた場合、通常のアンインストールツールをお試しください。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

上記アンインストールツールをお試しいただいても改善しない場合、「強化版アンインストールツール」をご案内いたしますので、題の内容と通常のアンインストールツールを試したことをご明記のうえ、新規ご投稿ください。

------------------------------------------------------------

根本解決に向けて調査を行っておりますが、現時点では早期解決の可能性があるツールとして「強化版アンインストールツール」を提供させていただいております。

「強化版アンインストールツール」についてFAQ上への公開をご指摘いただいてますが、本ツールはトラブル改善のためにお客さま環境の一部設定を変更するので、弊社では通常のアンインストールツールで問題が改善されなかったお客さまに提供する専用のツールとして案内しております。

上記の理由から、本ツールをコミュニティやFAQで一般には公開せず、プライベート投稿のトピックにて個別に対応させていただいております。
なお、強化版アンインストールツールを試す前に、お手数ですがFAQで公開されている通常のアンインストールツールをお試しいただけますようお願いいたします。

この度はご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。
以下、ウイルスバスター クラウドの常駐プログラム停止方法です。

----------------------------------------------------------- 
■ 操作前にご確認ください。 
----------------------------------------------------------- 

※注意※ 

・お使いのコンピュータの安全を保つためにも、現象の再現性を確認後、設定を元に戻してください。 

※参考※ 

・コンピュータの動作や設定を変更する可能性がある操作を実行した際に、「ユーザ アカウント制御」により許可、または管理者のパスワードを求められます。 

メッセージが表示された場合は、[続行] または [OK] をクリックしてください。 
*パスワードを設定している場合は、パスワード入力が必要です。 

「ユーザ アカウント制御」の詳細につきましては、Microsoft社、またはお使いのコンピュータの製造元へご確認いただきますようお願いいたします。 

----------------------------------------------------------- 
【1】ウイルスバスタークラウドの常駐プログラム停止 
----------------------------------------------------------- 

≪自動保護機能の無効手順≫ 

(1)「スタート」メニューを開き、以下の順で選択します。 

「すべてのプログラム」→「ウイルスバスタークラウド」 

(2) 「ウイルスバスタークラウド」内の [トレンドマイクロ サポートツール] 上で右クリックし、[管理者として実行] を選択します。 

(3) [トレンドマイクロサポートツール] 画面が表示されましたら [(A)デバッグ] タブ内にある下記のチェックを外します。 

・セキュリティソフト、およびそのレジストリキーやプロセスを保護する 

(4) [トレンドマイクロサポートツール] 画面は表示したままで下記の操作へ進みます。 


≪システム構成の起動≫ 

(1) Windowsの [スタート] → [プログラムとファイルの検索] 欄に「msconfig」と入力します。 

(2) プログラム欄に「msconfig.exe」が表示されましたら、「msconfig.exe」上で右クリックをし、[管理者として実行] を選択します。 

※Windowsの設定により、拡張子 (.exe) が表示されていない場合があります。 

(3) 「システム構成」画面が起動します。 


≪スタートアップ項目の変更≫ 

(1) 「システム構成」画面の [スタートアップ] タブを開きます。 

(2) 以下の常駐プログラムのチェックを、全てオフにします。 

・Trend Micro Platinum 
・Trend Micro Anti-Spam for Outlook 

※ご利用状況によって、「Trend Micro Anti-Spam for Outlook」は、存在しない場合がございます。 

※チェックマークが入っている項目が、オン (有効) となっている項目です。チェックボックスをクリックすると、オン/オフ (有効/無効) を切り替えることができます。 


≪サービスの変更≫ 

(1) 「システム構成」画面の [サービス] タブを開きます。 

(2) 画面下部にある [Microsoftのサービスをすべて隠す] のチェックをオンにします。 

(3) 以下の常駐プログラムのチェックをオフにします。 

・Trend Micro Solution Platform 
・Platinum Host Service 
・パスワードマネージャー管理サービス 

※ご利用状況によって「パスワードマネージャー管理サービス」は存在しない場合がございます。 

(4) [OK] をクリックすると、再起動を促すメッセージが表示されます。[再起動] をクリックし、コンピュータの再起動を行ってください。 

※参考※ 

コンピュータ再起動時に「システム構成を使ってWindowsの開始方法を変更しました。....」という警告メッセージが表示されることがございます。 

上記の場合、メッセージ下部の「Windowsの開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成を起動しない」のチェックをオンにし、[OK] をクリックします。 

----------------------------------------------------------- 
【2】現象の確認 
----------------------------------------------------------- 

お問い合わせの現象が回避できるかご確認ください。 
 
----------------------------------------------------------- 
ソーシャル・カスタマー・サービスチーム の写真

投稿時間: 11か月前

  • 2

返信がありません。

このトピックはコメントまたは返信用に開いていません。