【Windowsでウイルスバスタークラウドをお使いのユーザ様】突然メモリを大量に消費してフリーズする方、他にいらっしゃいますか?

  • 5
  • 質問
  • 更新回数: 2か月前
  • 確認済み
  • (編集済み)
2,3日に一回位?突然PCがフリーズし、数分経過すると復帰して、何が起こったのか、タスクマネージャーを確認すると、「Trend Micro Anti-Malware Solution Platform」がメモリを2G以上消費していることがあります。

Windowsでウイルスバスタークラウドをお使いの方でもし同様の現象が発生して、何かこのような事をしたら解決したみたいな事例があれば、教えて頂けますでしょうか?

ちなみに、ウイルスバスタークラウド15へのアップグレード、および、VB2019_150_win_jp_LCE_hfb7.1.1021.exe(CPU使用率およびディスクアクセス増加により、パソコンの処理速度が低下する問題についてよりダウンロード)の適用は実施しております。


【環境】
Windows10 64bit 
メモリ8GB ※使用率80%位で推移しています(使用率多めですかね。。)
ウイルスバスタークラウド15.0.1212

【現象発生時利用アプリ】
株取引アプリ(HYPER SBI)
為替取引アプリ(MT4)
GoogleChrome(拡張機能Trend ツールバー15.0.0.1226Trend設定)
Outlook
Excel

【現象発生時のメモリ使用量】
最近頻度が高くなったかなと思います。

2019/03/12 22:45

2019/03/11 10:46

2019/03/08 10:47

2019/03/05 10:45

2019/02/28 22:46

2019/02/12 20:15

2019/02/07 09:35

2019/02/05 2:135



以上、よろしくお願いいたします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb

投稿時間: 7か月前

  • 5
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
トレンドマイクロお客さまコミュニティへの投稿ありがとうございます。

ご投稿の件につきまして、より詳しい情報の収集が必要となりますので、メールにて弊社より投稿にお使いのトレンドマイクロアカウント宛にご案内差し上げたく存じます。

お忙しいところご不便をおかけし誠に申し訳ございませんが、サポートセンターからのメールをご確認くださいますようお願いします。

よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
トレンドマイクロ様

回答頂きありがとうございます。

メモリを大量に消費していますが、何に使っているのでしょうか?
トレンドマイクロ様の方には、上記トピックで問い合わせをしており、リアルタイムスキャンによる一時的な常駐動作であり不具合ではないという認識です。また、解決済みとされております。

こちらの使い方が悪いと思っていますので、これ以上の回答は不要です。
メールも送って頂いておりますが、不具合ではないので、対応するつもりはございません。
あと、msinfo32で得られる情報は、システム名やローカルユーザIDが表示されていたので、マスキングなしで提供を求めるのは、あまりよくないと思います。。

以上、よろしくお願いいたします。
(編集済み)
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
Windowsでウイルスバスタークラウドをお使いの方で、もしお気づきの点ありましたら、引き続きよろしくお願いします。
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
お返事ありがとうございます。

引き続きウイルスバスターをご利用いただく上で、また何かありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
よろしくお願いします
(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは、
ご連絡ありがとうございます。

このたびの現象に関しまして、ほかのお客さまからも類似のご連絡をいただき、弊社にて修正モジュールを用意いたしました。
よろしければ修正モジュールを適用すると改善するかお試しいただきたく存じます。

なお、修正モジュールはサポートセンターよりメールにてご提供いたしますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいますようお願いします。

よろしくお願いします。
nobk21 の写真

nobk21

  • 82 ポイント 75 badge 2x thumb
修正モジュール欲しい
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
nobk21さん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございます。

大変恐れ入りますが、より詳しく現象を把握するため、一度弊社にて詳細を確認したく存じます。
 
お手数ですが、下記の確認事項をご記入の上、ご返信ください。
 
----------------------------------------------------------
■確認事項
----------------------------------------------------------


Q1.ご利用のウイルスバスター クラウドのバージョン番号をお教えください。

[ ] (例:15.0.1212 など)

※ご参照 
ウイルスバスター クラウドのバージョン確認方法

Q2.OSのバージョンとビルドをお教えください。

[ ] (例:Windows 10 64bit バージョン1803 ビルド17134.285)

※ご参照 
Windows のバージョン確認方法

Q3. メモリが大量消費される現象が確認できる画面を採取し、お返事をお願いします。

※ご参照
画面を採取する方法

画像のアップロード方法

----------------------------------------------------------
  
ご返信をお待ちしております。
よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
一応お伝えしておきます。

修正モジュールを適用してもダメでした。

トピック「メモリを大量に消費していますが、何に使っているのでしょうか?」で、今回の現象は「ウイルスバスタークラウドのリアルタイムスキャンによる一時的な常駐動作であるかと存じます」とのことで不具合ではないようですが、突然、修正モジュールを用意したとのことで、メールで頂いた「VB2019_1500_win_jp_AMSP60_tmwlchkdll_hfb1110.exe」を適用しましたが、根本的には改善していないです。
適用後、発生しなくなったので修正されたと思ったのですが、最近また発生しました。
モジュールを適用してから、最近までPCの使用頻度・使い方は変わっていません。デグレですかね。

半年以上前から頻発しているウイルスみたいな現象ですが、ウイルスバスタークラウドの契約期間が後4か月くらいあるので、改善はしてほしいですね。。


【バージョン番号】
15.0.1212


【現象発生時のメモリ使用量】
20190504 20:17※数十秒フリーズ

20190505 21:15※数十秒フリーズ

20190507 09:15※数十秒フリーズ

20190511 09:10※2分位フリーズ、一時2,000MB超を確認したが、キャップチャできず。


NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
あと、「アップデートが実行されていたことによりメモリ消費量が増加した可能性がございます。」と言われたこともあったので、そうではないことを以下に示します。

(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
NT さん、こんにちは。
ご返信ありがとうございます。

誠に恐縮ですが、修正モジュールを適用されても、改善しなかったとのこと承知いたしました。

このたびの現象について、お客さまのパソコン環境を詳しく確認したく存じますので、メールにて弊社よりご案内をお送りいたします。

投稿にお使いのトレンドマイクロアカウント宛にご連絡いたしますので、今しばらくお待ちいただけますようお願いします。

よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
頂いたメールの手順に従って、システム情報(msinfo)を出力して送付いたしました。

ちなみに、前回の契約更新前後あたりから報告している不具合です。
(1)2018/07/05 メモリ大量消費により10分程度フリーズ※解決済み
(2)2018/09/03 CPU占有フリーズ※解決済み
(3)2018/12/04 メモリ大量消費により数十秒~数分フリーズ※未解決

(1)~(3)のように不具合が頻発しているように思えるのですが、トレンドマイクロが提供するウイルス対策ソフトとして、これは普通なのでしょうか。
今までウイルス対策ソフトをいくつか利用してきましたが、ここまで不具合が頻発するのは初めてです。
(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
NT さん、こんばんは。
お返事および関連情報のご提供ありがとうございます。

このたびの現象につき、弊社にてほかのお客さまより類似している事例をいただいておりますが、ご利用のコンピュータの環境が千差万別のため、原因を特定し、調査を行う必要がございます。
なにとぞご了承いただきますようお願いします。

大変お手数ですが、引き続きサポートセンターからのメールをご確認ください。

よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
システム情報(msinfo)をトレンドマイクロに送って調査をして頂いたので、一応経過を共有しておきます。

「SOURCENEXTがインストールされていることが確認できました。 
このたびの現象は上記ソフトはウイルスバスターと競合することで発生した可能性がございます」との回答を頂きました。

私がインストールしていたSOURCENEXTのソフトは以下のみ
C:\Program Files (x86)\SOURCENEXT\ソースネクスト アップデート4
これは、筆まめ体験版をインストールした時に、同時にインストールされたソフトです。
筆まめ体験版は既にアンインストール済み

以下ソフトはインストールしたこともないです。
ZEROスーパーセキュリティ
ZEROウイルスセキュリティ
NortonやMcAfeeもインストールしていない。

SOURCENEXTのウイルス対策ソフト以外の全ソフトが競合する可能性があるのであれば、それはそれで疑問。もし筆まめがインストールされていたら、ウイルスバスターと競合する可能性があるから、アンインストールしてくださいということになります。本当にそれでよいのだろうか。
とりあえず、ご指示の通り「ソースネクスト アップデート4」をアンインストールして経過観察してみます。

こちらのトピックを見ている方で、もし上記のようなソフトが原因で同様の不具合が発生していたら、ご意見いただければと思います。
(編集済み)
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
もしかして、2019/05/14 (火) 17:08に頂いたメールに記述されていたSOURCENEXTとは「ソースネクスト アップデート4」の事を示していましたか?
フォルダが「C:\Program Files (x86)\SOURCENEXT\ソースネクスト アップデート4」ですしね。

「ソースネクスト アップデート4」が競合の原因という事例があるのでしょうか?

(編集済み)
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
2019/03/15 (金) 17:15にメールで「VB2019_1500_win_jp_AMSP60_tmwlchkdll_hfb1110.exe」のリンクを提供して頂き、少し遅れて2019/03/25 12:13にダウンロードして適用しました(遅れたのはメールに気付かなかったため)。
それから、4つ前のコメントの画像に示してある20190504 20:17まで不具合は発生していなかったと思います。
1か月以上安定して動いていたのに、突然また発生したのはどうしてなのか。
(1)ある特定操作により発生するから偶然発生していないだけなのか?
(2)不具合が修正されていたが、デグレードしてしまったのか?
(3)そもそも修正はされておらず、ある一定期間使い続けると、何かをきっかけに発生する?
(4)他考えられますか?
(5)そもそも不具合ではなく、仕様とか。ただ修正モジュールも提供されていますし。


(3)に関してですが、2019/05/14 (火) 17:08に頂いたメールで「C:\ProgramData\Trend Micro\AMSP\data\10009\MBG.db」への書き込み値が高くなっていないかという質問があり気になりました。
質問への回答は、現象発生中に確認していないので、まだわかりません。

・対象フォルダを確認してみたら、下方画像のようにMBG.dbファイルがたくさんあります。これは、一定期間ごとにリネームされているのでしょうか??
・リネーム処理をする時に重くなることはあるのでしょうか?ただ、直近リネームされたMBG.db_80859は、最終更新時間が2019/05/13 22:56なので、現象発生時間とつじつまが合わない。
・MBG.dbの容量が増えてきた時に、メモリを使って重くなる処理が実行されることはありますか?
これが原因だとしたら、現在MBG.dbは12,068KBで容量も少ないから、現象発生しにくいとか?

・他にいろいろ考えられませんか?


(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
NT さん、こんばんは。
ご連絡ありがとうございます。

恐れ入りますが、ご提供のシステム情報を確認したところ、「SOURCENEXT」関連記述が確認できましたが、セキュリティソフトの残存ファイルなど、どのようなプログラムであるか確認できませんでした。 

SOURCENEXT社のセキュリティソフトではない場合、削除しなくても問題はございません。

なお、不具合が再発した現象について、現在お寄せいただいた情報だけでは、原因が特定できかねます。なにとぞご了承ください。

次に、MBG.dbファイルがリネームし大量に作成された現象については、正常の動作ではありませんので、たびたびお手数ですが、一度リソースモニターの[ディスク]タブから、C:\ProgramData\Trend Micro\AMSP\data\10009\MBG.db への書き込み状況をご確認のうえ、お返事いただけると幸いです。

※ご参考
リソースモニターを表示する手順
 
(1)「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「タスクマネージャー」をクリックします。
 
(2)「タスクマネージャー」が表示されます。
 
(3)「パフォーマンス」タブをクリックし、「リソースモニターを開く」をクリックします。
 
(4)リソースモニターが表示されます。

最後となりますが、「MBG.dbの容量が増えてきた時に、メモリを使って重くなる処理が実行される」現象について、他のお客さまより類似している事例をいただいておりますので、現象の修正に向けて対応を行っております。

また、関連する画面をご提供いただき、ありがとうございます。

その他何か不明点などがありましたら、お気軽にお返事ください。
よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
>恐れ入りますが、ご提供のシステム情報を確認したところ、「SOURCENEXT」関連記述が確認できましたが、セキュリティソフトの残存ファイルなど、どのようなプログラムであるか確認できませんでした。 
>SOURCENEXT社のセキュリティソフトではない場合、削除しなくても問題はございません。
SOURCENEXT=セキュリティソフトではないです。
どのようなプログラムであるかわからないのに、安易にアンインストールしてくださいと言わない方がいいですね。
「セキュリティソフトは競合するので、アンインストールしてください。それ以外のソフトはそのままでいいです。」みたいに伝えればいいだけの話です。
混乱を招くので、依頼事項は正確に伝えてください。
アンインストールしなくてよいソフトを、アンインストールしてしまいました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>MBG.dbファイルがリネームし大量に作成された現象については、正常の動作ではありません
ということは、新たな不具合ですかね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
>最後となりますが、「MBG.dbの容量が増えてきた時に、メモリを使って重くなる処理が実行される」現象について、他のお客さまより類似している事例をいただいておりますので、現象の修正に向けて対応を行っております。

状況から見ても、これが原因に思えます。
だとすれば、MBG.dbは現在17MB程度なので、しばらく発生しないかもですね。
それでは、現象発生したら、MBG.db への書き込み状況を確認してみます。

以上、よろしくお願いいたします。
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
NT さん、こんにちは。
お返事ありがとうございます。

「SOURCENEXT」関連記述につきまして、案内に不備があったことでお客さまを混乱させてしまい、誠に申し訳ございません。

万が一現象が再発する場合、大変お手数ですが、MBG.db への書き込み状況をご確認いただき、コミュニティまでお返事ください。

よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
また発生しました。
今回は1分位のフリーズです。

2019/06/08 10:40頃


MBG.db への書き込み状況※特に増えてなさそうです。



偶然かもしれませんが、今回はメイン画面のボタンを押した瞬間から発生したような気がします。


アップデート中でないことも示します。



ウイルスバスタークラウドのバージョンは、15.0.1231です。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
>MBG.dbファイルがリネームし大量に作成された現象については、正常の動作ではありませんので

以前上記回答されましたが、正常ではない動作で作成されたリネームファイル「MBG.db_*****」はいつ削除されるのでしょうか?


(編集済み)
suzaku の写真

suzaku

  • 1,450 ポイント 1k badge 2x thumb
NTさん、トレンドマイクロ_K, Employeeさん、こんばんは。

MBG.dbは確かに肥大化する傾向が強いと小生も感じています。

これらの現象の発起点を考慮すると、アプリ:ウィルスバスターだけの問題と捉えるのは如何なものでしょうか。

小生も本サイトを知るキッカケになった、MBG.dbに関するトラブルはWindows10が抱える問題点(OSとアプリ相性のトラブル以外)であるとの結論を得ました。

https://qiita.com/hellokenta/items/3649214d333ef0e7dbac

Windows10には、未知の不具合があると考えるのが妥当(Windowsアップデート後復元ポイントが消滅など)小生は、根本原因はOS:Windows10にあると結論付けています。

※:不具合が発生しないよう、日常的なPCメンテナンスを取り入れ実行した結果、MBG.dbなどウィルスバスターが原因と考えられたPCのアクシデントは、ほぼ解消しました。

※※*PCメンテナンスで第一に取り入れたディスク作業項目のうち、重要な点をお示ししてみますので、是非導入を考慮いただければと考えます。

*PCメンテナンス項目(2項目)

*1:ディスク(ブートドライブ・通常はC¥)のアクセス権の見直しと重要データをインデックス処理する設定へ変更する。
*2:ディスクレイアウトの変更(ブート領域も含むすべて)と、ディスク自体を常に最適化する。

*PCメンテナンス項目(2項目)は、上記の通りですが実際に行うのは知識と忍耐が必要です。
トレンドマイクロユーザーであるNTさんと、ユーザー皆様のお役になれるならと、敢えてPCメンテナンスを提唱いたします。

【どんなメカニズム(バイク・自動車・産業ロボット)もメンテナンスしないで正常稼働は見込めません・・敢えて言えばPCも自動車と同じように定期的な検査:(車検)のようなシステムを取り入れて頂きたいとさえ思慮します】

*PCメンテナンス項目(2項目) 実行と現実の効果

*1:ディスク(ブートドライブ・通常はC¥)のアクセス権の見直しと重要データをインデックス処理する設定へ変更する。

https://products.sint.co.jp/siob/blog/response-select-index  (←サイトは別個のアクセスをする可能性あり)

https://www.postgresql.jp/document/9.1/html/sql-reindex.html

画像とURLを参照
https://qiita.com/hellokenta/items/3649214d333ef0e7dbac

画像1



画像2

画像3

画像4

画像5

画像X・・・UPしたつもりが無いので追加UPです・・重複又は不足の画像がある場合ご指摘ください・・すぐに対応させて頂きます。


画像6

画像7

画像8

画像9


画像10


画像11


※*インデックス処理を有効化するのが良いと思われる拡張子
拡張子

☑Archives:*.edb|*.esb|*.arj|*.tar|*.rar|*.zip|*.cab|*.7z|*.db|*.sdb|*
☑Disk images:*.gthr|*.etl|*.bin|*.iso|*.mdf|*.vhd|*.iwd|*.msi|*.mui|*.pak|*.evtx|*
☑media file:*.avi|*.mkv|*.mpg|*.mov|*.mp4|*.mpeg|*.wmv|*.asx|*.asf|*.mov|*.mp2|*.m2p|*.qt|*.ra|*.ram|*.rm|*.swf|*.wav|*.wma|*.m4a|*

画像12
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_83128.html

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/230789.html

アプリケーションを管理者権限で実行する方法(Windows 10/8/7/Vista)

画像X・・・UPしたつもりが無いので追加UPです・・重複又は不足の画像がある場合ご指摘ください・・すぐに対応させて頂きます。
画像X2)

※アプリインストールの際《デジタル証明書》を的確に適用していないと、優れたアプリも正常稼働しないことが、現実にございます。
※重要ポイントなので追加編集させていただきました。
thank youコミュニティ管理者さん・・(^▽^)/


画像13



画像14


画像15


画像16


画像17

画像18


画像19


画像20


*2:ディスクレイアウトの変更(ブート領域も含むすべて)と、ディスク自体を常に最適化する。
画像とURLを参照
Defraggler64.exe
https://www.ccleaner.com/defraggler/download

画像2-1

画像2-2


画像2-3


画像2-4


画像2-5


画像2-6


画像2-7

画像2-8
ディスクドライブ:空き領域をデフラグ(これだけでもシステムは高速化します)
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1808/27/news034.html


Trimコマンドを実行でWindows10システムが不安定に・・
https://pssection9.com/archives/windows-10-ssd-setting.html

画像2-9


画像2-10


画像2-11


例・Defraggler(デフラグラー)の設定

※※・--------2019年05月最新:最適な設定-------------------------

参照画像

既定の設定を変更*拡張子(.evtx|.etl|.pak|)?

デフラグ(設定値)

☑ドライブのデフラグ中に巨大なファイルをドライブ後方へ移動
・移動に関する設定
・最小ファイルサイズ: 64MB~8MB(62.5⇒8000÷128=62.5・・⇒基本=62.0)*ラム(メモリ容量÷メモリ端子数÷2=128)ラム(メモリ)稼働上最適な設定値

https://www.fmworld.net/biz/fmv/esprimo/1410/d583k/spec.html

標準2GB / 最大16GB(DDR3 SDRAM PC3-12800 DIMM CL11)(注21)

インテル® CoreTM i5-4690 プロセッサー
=https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/80810/intel-core-i5-4690-processor-6m-cache-up-to-3-90-ghz.html

コアの数4 スレッド数4 キャッシュ6 MB SmartCache バススピード5 GT/s DMI

ここで得たディスクデフラグの値は***8MBと自己認識(理由は延べられません)

 ☑選択した拡張子のみ移動

拡張子

☑Archives:*.edb|*.esb|*.arj|*.tar|*.rar|*.zip|*.cab|*.7z|*.db|*.sdb|*
☑Disk images:*.gthr|*.etl|*.bin|*.iso|*.mdf|*.vhd|*.iwd|*.msi|*.mui|*.pak|*.evtx|*
☑media file:*.avi|*.mkv|*.mpg|*.mov|*.mp4|*.mpeg|*.wmv|*.asx|*.asf|*.mov|*.mp2|*.m2p|*.qt|*.ra|*.ram|*.rm|*.swf|*.wav|*.wma|*.m4a|*

クイックデフラグ(設定値)

☑これより小さい断片を含む・・・・:5000MB
☑これより多い断片を含む・・・・・:4フラグメント
☑最小値:・・・・・・・・・・・・:0MB
☑最大値:・・・・・・・・・・・・:14555MB

拡張設定

☑独自の断片化設定を使用する(定義)
・☑復元ポイントを除外

その他の設定

・・アクション(A)⇔Advanced > ⇔ 空きスペース(領域)のデフラグ
上記の手順通りマウス操作を行い『空きスペース(領域)のデフラグ』を実行する

☑設定:ブートタイムデフラグ⇔毎回(E)

☑設定:プロセスの優先度⇔通常
※作業中デフラグの場合(事務用PC等)バックグラウンド(B)で稼働可能

※Defraggler (デフラグラー)稼働中に*.edbファイルのリードエラー(読み込みエラー)が発生して、*.edbファイルのデフラグが完了しない(数値が1にならず2以上の複数値)場合、*.edbファイルをリサイズ(デフラグ)が可能・ページ中に方法を記載する(コマンドを使用)。

※・※・オンラインでシステムリソース・エラーを復元(所要時間:10分~45分・システム構成・ハードウェア構成・ネットワーク接続速度等により可変)※・※
※※・DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

・システムリソース・エラーを修復
※※・sfc /scannow

・・ディスクエラーを回復
chkdsk /scan

・・システムを再起動後ディスクエラーを回復
chkdsk /spotfix

・・・システムを再起動(Windows10既定は凡そ1分後に全てのアプリを閉じて強制再起動する)

・・システムを再起動

※※・shutdown /r

全てのドライブを最適化 defrag /c /h /u /v

全てのドライブ分析レポートを表示/A

※※・defrag /c /h /a

***************************************************************************************

※--------2019年4月23日内部更新[公開:2019年5月**日予定]------------此処迄------
***************************************************************************************
※※・何故全てのドライブを対象にするのか?⇒MBR・GBT・共にC\以外に隠しパーテーションが存在し、隠しパーテーションにはシステム起動に必要不可欠なデータが存在する⇒⇒これらのファイルに異常が発生した場合最悪、システム(OS)が起動しなくなるなどシステムが不安定になる状況が起こる⇒⇒⇒日常的にこれらの隠しパーテーションのメンテナンスは必要不可欠であると小生は考えます。

※※*コマンドプロンプロセッサーの簡単な呼び出し方

*タスクバー右クリック⇒タスクマネージャー起動⇒ファイル(F)新しいタスクの実行(N)⇒開く(C)ウィンドウボックスに cmd と入力⇒☑このタスクに管理者権限を付与するにチェックを入れる⇒コマンドプロンプロセッサー起動後不要ならタスクマネージャーを終了する。

以上が管理者権限でのコマンドプロンプロセッサー起動方法です。

※※*通信*接続情報:デフォルトゲートウェイを求めるコマンド*

※※*ipconfig /all

※※*route print

※--本文をメモ帳へコピーペーストし:Unicode又はUTF-8形式で保存(外部メディアと常時使用容易個所の2か所以上を推奨)日常メンテに利用頂ければ幸いです。--※※公開:2019年5月**日予定が別のトラブルのため遅延、そのおかげでデータ採取が順調に進行し、小生PCは一部アプリ不具合(chromeプライバシーデータに関する)を除き快適に稼働中とのこと申し添えて、アドバイスを終わります。
**謝辞**********
小生最近視力低下が主な原因?か、文書校正をしていませんので、誤字脱字文法が変?・・等々あると思われますがご容赦くださいませ。

**小生の設定などご不明な点がございましたらドンドンレスをくださいますようお願い申し上げます。

※※追加情報****重要****
Defraggler (デフラグラー)実行時に挙動が不安定(例:デフラグ実行スイッチでスタートさせたが数分間無反応:デフラグ実行時間があまりにも長い)な時の対処

・・キーボード操作でCTRL+Fn+Escのキーを同時押ししてスタートメニューを表示⇔キーボード操作で田キーを押し表示を閉じる。
・・・上記操作で小生のマシンでは、デフラグ実行速度が速く(実感では3~4割増)なった:無料ソフトゆえのバグなのか?、原因は不明です。
Defragglerで最も時間を要するのはVscode(visualC++)ファイル(概ね20%前後のタイミング)だが、visualC++は正常稼働必須プログラムなので(所要20分程度)我慢が必要です。

※上記につきWindowsシェル拡張機能が正常に稼働していればOK~タスクマネージャ起動でWindowsシェルエクスペリエンスホスト(Windows Shell Experience Host)が稼働していない場合様々なアプリケーション・エラーが発生しました(小生PCにおいて)。
C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy
***回避策1:SFCコマンドによりシステムファイルを修復する⇒2:MBRディスクを修復する(Cドライブ+システムドライブ)⇒3:ドライブを初期に回復する(外部メディアにシステムイメージ、又はバックアップが保存してある場合は修復ディスクかWindowsインストールディスクDVDを使いMBRを修復する)*設定ページ・更新とセキュリティを続けてクリックすると画面左側ツリー一覧に
(編集済み)
suzaku の写真

suzaku

  • 1,450 ポイント 1k badge 2x thumb

何故かコメント編集がページに反映されていませんでした************************

※※追加情報です********chromeでページ反映されないのでIEでログイン試験中です****

**謝辞**********
小生最近視力低下が主な原因?か、文書校正をしていませんので、誤字脱字文法が変?・・等々あると思われますがご容赦くださいませ。

**小生の設定などご不明な点がございましたらドンドンレスをくださいますようお願い申し上げます。

※※追加情報****重要****
Defraggler (デフラグラー)実行時に挙動が不安定(例:デフラグ実行スイッチでスタートさせたが数分間無反応:デフラグ実行時間があまりにも長い)な時の対処

・・キーボード操作でCTRL+Fn+Escのキーを同時押ししてスタートメニューを表示⇔キーボード操作で田キーを押し表示を閉じる。
・・・上記操作で小生のマシンでは、デフラグ実行速度が速く(実感では3~4割増)なった:無料ソフトゆえのバグなのか?、原因は不明です。
Defragglerで最も時間を要するのはVscode(visualC++)ファイル(概ね20%前後のタイミング)だが、visualC++は正常稼働必須プログラムなので(所要20分程度)我慢が必要です。

※上記につきWindowsシェル拡張機能が正常に稼働していればOK~タスクマネージャ起動でWindowsシェルエクスペリエンスホスト(Windows Shell Experience Host)が稼働していない場合様々なアプリケーション・エラーが発生しました(小生PCにおいて)。
C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy
***回避策1:SFCコマンドによりシステムファイルを修復する⇒2:MBRディスクを修復する(Cドライブ+システムドライブ)⇒3:ドライブを初期に回復する(外部メディアにシステムイメージ、又はバックアップが保存してある場合は修復ディスクかWindowsインストールディスクDVDを使いMBRを修復する)*設定ページ・更新とセキュリティを続けてクリックすると画面左側ツリー一覧に

suzaku の写真

suzaku

  • 1,450 ポイント 1k badge 2x thumb


NTさん、トレンドマイクロ_K, Employeeさん、こんにちは。

小生PCメンテナンス後の現在状況:MBGdbのプロパティ画像のアップを失念しておりました。

大変申し訳ございません。

MBGdbのプロパティ画像


*10009フォルダ内のMBGdb関連ファイル一覧:MBGdbファイルの属性等々
参考になることが御座いましたらよろしいのですが。

**別途記載のPCメンテナンス適用後の現状稼働中の画像です。

よろしくお願いいたします。

追加コメントです前回コメント及び前々回コメントの一部が削除されています。

追加でペーストしてみます


※※:※上記につきWindowsシェル拡張機能が正常に稼働していればOK~タスクマネージャ起動でWindowsシェルエクスペリエンスホスト(Windows Shell Experience Host)が稼働していない場合様々なアプリケーション・エラーが発生しました(小生PCにおいて)。
C:\Windows\SystemApps\ShellExperienceHost_cw5n1h2txyewy
***回避策1:SFCコマンドによりシステムファイルを修復する⇒2:MBRディスクを修復する(Cドライブ+システムドライブ)⇒3:ドライブを初期に回復する(外部メディアにシステムイメージ、又はバックアップが保存してある場合は修復ディスクかWindowsインストールディスクDVDを使いMBRを修復する)*設定ページ・更新とセキュリティを続けてクリックすると画面左側ツリー一覧に

トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
suzakuさん、こんにちは。

リプライいただき、誠にありがとうございます。

今後ともコミュニティへコメントいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

 
NT さん、こんにちは。
お返事ありがとうございます。

MBG.dbファイルがリネームし大量に作成された現象については正常の動作ではないため、たびたびお手数ですが、下記ページをご参照のうえ、修復機能付きのアンインストールツールにてウイルスバスターを完全に削除し、再インストールしてから、手動アップデートすると改善するかお試しください。

※ウイルスバスターを再インストールすると、リネームファイル「MBG.db_*****」は削除されます。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

かんたん!インストール手順 (無料バージョンアップ)

手動アップデートの方法について

また、ウイルスバスターの再インストール後、メモリを消費しフリーズする現象が改善するかご確認くださいますと幸いです。

-----------------------------------------------------------  
■ 操作結果 
-----------------------------------------------------------  

Q1.ウイルスバスターの再インストール後、MBG.dbファイルがリネームし大量に作成された現象が改善しましたか。 
 
[ はい / いいえ ]

Q2.ウイルスバスターの再インストール後、メモリを消費しフリーズする現象が改善しましたか。 
 
[ はい / いいえ ]

----------------------------------------------------------- 

不明点などがありましたら、いつでもご連絡ください。
よろしくお願いします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
私はトレンドマイクロ_K, Employeeさんへの回答(1)と、質問(2)をしました。
(1)「万が一現象が再発する場合、大変お手数ですが、MBG.dbへの書き込み状況をご確認いただき、コミュニティまでお返事ください。」への回答
(2)正常ではない動作で作成されたリネームファイル「MBG.db_*****」はいつ削除されるのでしょうか?

今回トレンドマイクロ_K, Employeeさんから頂いた回答は、(2)に対する対処法のみを示していますよね?
(2)に対する対処方法は再インストールすれば良いという回答で承知しました。これは全然OKです。
ただこの現象についての質問は、私が当初から報告している不具合についてのやり取りから派生した内容でしかありません。
この現象自体多少ゴミファイルが残るだけで無視できると思っています。
現状対処も必要ないと思っています。
数百Gbyte単位でストレージを圧迫するというのであれば話は別ですが。

ただ(1)のMBG.db書き込み状況のエビデンス取得依頼に対する私の回答についてはなぜ何も触れないのでしょうか?
これはトレンドマイクロ_K, Employeeさんが私に対して依頼したことですよね?
現象発生したら、タスクマネージャー、リソースモニター・フォルダ・他画面もキャプチャして報告するという作業が発生しています。
エビデンスを取得しないといけないから、ずっとタスクマネージャー・リソースモニターを起動した状態で待ち構えています。
現象発生中にエビデンスを取得しないといけないから、自分の作業を中断してエビデンス取得作業を最優先にしています。
これらは結構面倒な作業です。本来なくてよい負担があります。
これらについて、ご理解して頂いていますか?
あまりに無反応ですと私が実施したエビデンス取得作業は何の意味があったのか疑問に思ってしまいます。
こちらも不具合解決のために、できるだけ情報提供しようとしているのに、それをないがしろにするような回答をするのはどうかと思います。

(1)については、どうして再インストールするという結論に至ったのか知りたいです。
以下質問にお答え頂くことは可能ですか?

【質問1】
提供したMBG.db書き込み状況のエビデンスを見て頂いたらわかりますが、特に異常な書込みはないように見えます。
私が取得したMBG.db書き込み状況のエビデンスからは、不具合原因は得られなかったという認識でよろしいですか?
これが原因でない場合、他の不具合原因を調査しないのでしょうか?
根本的に解決しないと、また不具合が発生して、そのたびに同じような不具合報告することになると思います。

【質問2】
>また、ウイルスバスターの再インストール後、メモリを消費しフリーズする現象が改善するかご確認くださいますと幸いです。
この回答は(2)不具合解決のための再インストールを実施した時に、ついでに当初から報告している不具合が解決されているかも確認をするということですか?
それとも、当初から報告している不具合修正が含まれたモジュールがリリースされたので、再インストールして確認をするということですか?
どちらになるのでしょうか?
または、他の確認目的があるのでしょうか?

前者であれば、上述の理由の通り大きな問題ではないと思いますので、すぐには対応しません。
当初から報告している不具合修正モジュールが正式にリリースされた段階でご連絡ください。
後者であれば、その旨しっかり伝えるべきだと思います。

【質問3】
無料バージョンアップ・インストール(TrendMicro_15.0_HE_Downloader.exe)は、いつ頃提供が始まったのですか?
この提供が始まった時点で、再インストールと確認を依頼すればよかったのではないでしょうか?

(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
こんにちは。
お返事ありがとうございます。
 
これまでの案内が至らず、大変申し訳ございませんでした。
いただきましたお返事につきまして、以下のとおり回答いたしますので、ご一読いただけますと幸いです。

【質問1】

誠に恐縮ですが、MBG.db への書き込みによりディスク使用率が100%になる事例が確認されておりますので、MBG.db への書き込み状況を確認できる画面の提供をお願いいたしました。

MBG.db への書き込みが増えていない、またシステム情報により競合が発生するプログラムとPUA(※)はないことから、別の原因でディスク使用率が高くなる現象が発生している可能性があると考えられます。

※ ご参照
Potentially Unwanted Application (PUA)

しかしながら、現時点で原因の特定ができかねますので、引き続きログを採取し、担当部署にて調査する必要がございます。 

【質問2】

ディスク使用率が100%になる現象については、下記の切り分け結果により、担当部署にてより詳細な調査が必要となります。

1.修正モジュールを適用後も改善しない
2.MBG.db への書き込みが増えていない
3.システム情報により競合が発生するプログラムとPUAはない
4.アップデートを行っていない時も発生する

お客様の場合、MBG.dbがたくさん作成されている現象も発生しましたので、先に再インストールのお試しを案内いたしました。

また、アンインストールツールにて再インストールする場合、一時的に現象が改善するものの、しばらくすると再発する事例もございます。

そのため、再インストールにて改善するかご確認いただき、解決しないまたは再発する場合、引き続きメールサポートに切り替え、ログの採取手順を案内したく存じます。

【質問3】

無料バージョンアップ・インストールのサポートページは数年前から提供しております。

  [VB2019_1500_win_jp_AMSP60_tmwlchkdll_hfb1110.exe] およびMBG.dbへのアクセスにより、PCのパフォーマンスが低下している問題を修正する修正モジュールは2019年6月6日のアップデートにて配信していますので、上記ページの方法で再インストールおよび手動アップデートいただくと、修正モジュールが自動的に適用されます。

大変恐れ入りますが、MBG.dbがたくさん作成されている現象について、現在対処予定がないとのこと承知いたしました。

なお、ディスク使用率が100%になる現象について、解決までサポートいたしますので、ログの採取にご協力いただけますと幸いです。

もし調査にご協力いただける場合、メールサポートに切り替えて、ログの採取手順を案内したく存じます。

ご不便をおかけし、貴重な時間をいただいていることを重ねてお詫び申し上げます。

よろしくお願いいたします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
私が当初から報告している不具合は、メモリを通常時より多く(2GB前後)消費するとともにPC自体が十数秒~数分程度フリーズするという問題(以下、メモリ消費増加・フリーズ問題)です。
ディスク使用率が100%になる現象を不具合として報告している訳ではありません。


MBG.db書込み増加が原因で、メモリ消費増加・フリーズ問題が発生している可能性が高いということで、MBG.db書込み状況のエビデンスを取得し提供しました。
しかし、今回発生したメモリ消費増加・フリーズ問題ではMBG.db書込み増加は見られませんでした。他に原因があるかもしれません【問題1】
また、以前発生したメモリ消費増加・フリーズ問題ではMBG.db書込み状況を見ていないので、MBG.db書込み増加が原因である可能性もあります【問題2】
問題1、2は切り分けが必要です。
これとは別にMBG.dbリネームゴミファイルができる不具合があります【問題3】


上述の通り、問題1~3が存在し、各々以下のように対処しようと思いますが、認識違いや抜け漏れ等ございましたらご指摘ください。


【問題1】
「また、アンインストールツールにて再インストールする場合、一時的に現象が改善するものの、しばらくすると再発する事例もございます。」との回答を頂いたので、再インストールをしてみます。
解決しない場合は、メールサポートをして頂きます。
ただ、今回提示して頂いた再インストールについては、今までの不具合対応で個別にインストールしたモジュールの修正内容が適用されたモジュールをインストールするだけなので、根本的な解決策ではないと思っています。現状と何も変わらないはず。

【問題2】
MBG.db書込み増加がメモリ消費増加・フリーズ問題の原因である事が断定できるまで引き続きログ採取(現象発生時のMBG.db書込み状況のエビデンス取得)を実施する。

【問題3】
問題1の確認で再インストールするので、解決できるはずです。

以上、よろしくお願いいたします。
(編集済み)
トレンドマイクロ_K の写真

トレンドマイクロ_K, Employee

  • 3,216 ポイント 3k badge 2x thumb
こんばんは。
お返事ありがとうございます。

ディスク使用率が100%になる現象につき、前回案内した内容に誤りがございましたこと、深くお詫び申しあげます。

いただきました問題につきまして、以下のとおり回答いたします。

【問題1】

ウイルスバスターの再インストールをお試しいただくとのこと承知いたしました。

なお、ご認識のとおり、今まで適用いただいた修正モジュールをインストールするため、再発する可能性もございます。

再発する場合はすぐに確認いたしますので、ご連絡いただきますようお願いします。

【問題2】

ウイルスバスターを再インストールすると、MBG.db への書き込みによりパソコンのパフォーマンスが低下する問題を修正するモジュールが適用されます。

そのため、以前発生したメモリ消費増加・フリーズ問題が、MBG.dbへの書き込み増加によるものである可能性もあり、この修正モジュールで修正されると思われます。

もし再インストールしてもメモリ消費増加・フリーズ問題が再発する場合、引き続きログ採取手順を案内し、担当部署にてより詳細な調査を実施いたします。

※その際、MBG.dbへの書き込み状況を確認する必要はございません。

【問題3】

ウイルスバスターの再インストールではお手数おかけし申し訳ございませんでした。


よろしくお願いいたします。
NT の写真

NT

  • 516 ポイント 500 badge 2x thumb
再インストールしました。

【問題1】
本トピックで2019/06/08 2:30:58にコメントした現象。
偶然かもしれませんが、ウイルスバスタークラウドのメイン画面のボタンを押した瞬間から発生したような気がします。
アップデート中でないことも確認しています。
MBG.dbへの書き込みによりパソコンのパフォーマンスが低下する問題とは異なるメモリ消費増加・フリーズ問題だと思われるので、今後現象発生したら報告します。

【問題2】
これは少し認識違いしていたのですが、MBG.dbへの書き込みによりパソコンのパフォーマンスが低下する問題はバージョン15.0.1231(2019/6/4位に配信?)で自動適用されていたのですね。
よって2019/6/4の時点で、解決済みのはずです。
今後発生するようであれば、MBG.dbへの書き込み状況を確認し、その旨報告します。

【問題3】
解決済みです。

以上、よろしくお願いいたします。