【お知らせ】2018年1月マイクロソフト社のセキュリティ更新プログラムについて

  • 1
  • 記事
  • 更新回数: 10か月前
  • (編集済み)
マイクロソフト社は、公開されたCPUセキュリティの脆弱性への対策として、月例セキュリティ更新プログラムを2018年1月3日から公開しました。

ウイルスバスターをご利用のお客様は、マイクロソフトによる更新プログラムを円滑に適用するための弊社は下記の方法を提案しておりますので、ご参照いただければ幸いです。

【1】手動でレジストリキーの追加

Windows Update が自動的に実行されるようにするためには、 Windows OS に新しいレジストリ キーを追加する必要がございますので、詳しい操作手順は下記サポートページにてご案内しています。ご参照いただけますようお願いいたします。

2018年1月マイクロソフト社のセキュリティ更新プログラムに関するお知らせ

【2】ウイルスバスターの自動アップデードの適応(2018/01/06)

レジストリキーの追加操作がご困難の場合、ウイルスバスター クラウドのアップデードは2018/01/06より配信されますので、しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

※ ご参照
https://appweb.trendmicro.com/SupportNews/NewsDetail.aspx?id=3101 

なお、この脆弱性による影響とIT管理者として実施しなければならない対応の詳細については、よろしければ、本日公開したセキュリティブログをご確認ください。 

CPU の脆弱性「Meltdown」と「Spectre」への対応

よろしくお願いいたします。
ソーシャル・カスタマー・サービスチーム の写真

投稿時間: 10か月前

  • 1

返信がありません。

このトピックはコメントまたは返信用に開いていません。